Archives

  • [—]2020 (88)
  • [+]2019 (579)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (250)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

Japanese F3

F3第19戦 上位3人のコメント


(Photo:K.Takeshita)

ジェームス・コートニー
「チャンピオンを取らなければ、というプレッシャーもなくなったので、100%の走り
でレースを楽しむことが出来た。
もう何も失うものもなく、セーフティーマージンを考えることもなかったので、最後
まで思い切りプッシュした。
今年のチームは今まで組んだ中でも一番素晴らしいから、明日ももう一つ勝って良い
形でシーズンを締めくくりたい。」

ロニ・クインタレッリ
「今日は2位で満足している。クルマはニュータイヤでは問題ないが、ユーズドでは
タイムが出ない状態で、厳しいレースだった。明日の最終戦までには問題を解決した
いと思うが、コートニーはあまりにも速いので勝てるかどうかはわからない。
最近新しいエンジニアが加入したが、それ以降充分なテストが出来ていない。加入の
タイミングがもっと早ければ、クルマももっと煮詰めることが出来たと思う。それが
残念だ。
明日はなんとかスタートでコートニーの前に出たい。勝つにはそれしかないと思う。」

横溝直輝
「ボクのクルマもクインタレッリと同じで、走り始めは好調だったが、タイヤが減っ
ていくにつれて厳しくなった。
ボクとロニーのロガーを重ねて、セッティングをミックスできれば、明日はもっと良
くなると思う。
明日は6番手スタートと厳しい状況だが、来年のシートのためにも頑張って良い結果
を出したい。」


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース