Archives

  • [+]2019 (579)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (250)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

SUZUKA 1000km

鈴鹿1000Km耐久日曜日フリー走行ノート

 連日の猛暑は今日も鈴鹿を襲い、車に取って厳しい条件の中決勝当日のフリー走
行の中午前8時30分より30分間執り行われた。
 まず飛び出したのは、#100チーム国光のHONDA NSXで、タイムは2分15.450秒。
 これを追って#1 上野クリニック マクラーレンが2分14.189秒、#23 ワールドチルドレンGT-Rの
2分15.912秒と続く。
 走行終了22分前、#23 ワールドチルドレンGT-Rがさらにタイムアップ、2分11.329秒ま
で上げてきた。
 走行終了21分前、#7 Jacadi マクラーレンが2分11.829秒で2番手のタイム。#8
WEST マクラーレンも2分12.410秒で3番手のタイムを得る。
 走行終了19分前、#9 Harrods マクラーレンが2分10.892秒と10秒台にのせてきた。
 走行終了14分前、#2 MAZDA DG-3も2分10.053秒と10秒台に。
 そうこう終了3分前、#7 Jacadi マクラーレンがタイムアタックを行い、2分8.286秒
と、ただ1台10秒をきるタイムを出してきた。
 ここで、チェッカードフラグとなった。
 全体的に見ると、決勝レースでは鈴鹿スーパーGTクラスのマクラーレンF1
GTRやフェラーリ勢は、速いところで11秒台から12秒台。その他のクラスは
15秒台から20秒台での走行となりそうな気配である。
 ただ心配されるのは天候だ。天気予報では、午後にあると雷雲が発生し、シャ
ワーが来るかもしれないとのこと。天候によってはレースは大荒れになることも考
えられる。
 決勝スタートは、午後12時30分。鈴鹿のフルコースを171周、または午
後7時30分に終了となる。
        FMOTOR4 SUB-SYSOP 山川 順治/PEE00630(RIJ)
FURUKAWA Racing STUFF


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース