Archives

  • [—]2020 (85)
  • [+]2019 (579)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (250)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

全日本F3000

F3000Rd.3 トップ3インタビュー

全日本F3000選手権 第3戦 F3000 MINE ALL STAR
決勝レース取材メモから
表彰台3人の共同インタビューより
優勝 8 マルコ・アピチェラ
「この勝利を友人ラッツェンバーガーとセナに捧げたいと思います。この気持ちは
隣(2位)のアンドリューも同じです。
マシンは非常に良く、タイヤのチョイスも成功でした。前半はマウロの、後半は
金石が非常に激しいプッシュをかけてきました。しかし、私のマシンは明らかに
トップスピードで優位に立っていたので、不安なくレースができました。ダンロップ
のみなさんとチームスタッフに感謝したいです」
走り終えたマルコのタイヤはボロボロ。レースがあと5周あったら、またはマウロに
トラブルがなかったらと思わせるほどだった。
2位 20 アンドリュー・ギルバートスコット
「予選は失敗だったのに、2位になれたのはチームのみんなのおかげです。
あと、良いスタートが切れたのも幸いでした。僕は他のみんなと違うタイプ
(ハード)のタイヤを選択しており、後半に勝負を掛けるつもりでした。
結局はこれが裏目に出たのかもしれません」
アンドリューの左腕には、チームメイトを悼む喪章が悲しげ。インタビューでも
表情は淡々としていた。
3位 11 黒澤琢弥
「今回のレースでは自分に2つの課題を課していました。ひとつは予選でフロント
ロー。もうひとつはスタートダッシュ。結果はどちらも果たせず、自分としては最低
のレースでした。にもかかわらず、表彰台に立てたのはエンジンチューナー、タイヤ
メーカー、メカニック、スポンサーのみなさんが良いマシンを作ってくれたからです。
前のマシンのスリップに入っていると水温が上がる。そこで、ストレートでラインを外すとコースサイドのタイヤカスやホコリを拾って、次の周タイヤのグリップが減るという繰り返しで、なかなか抜くことができなかった」
結果はともあれ、移籍後ようやく成績を残せた黒澤。ホッとした表情と、納得が
行かない表情と折り混ざり、会見ではとてもナーバス。ピット裏に戻りスタッフから
祝福の拍手が起こるとようやく笑みがこぼれた。
MINE サーキットにて
古屋 知幸   = MGG01235 =


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース