Archives

  • [—]2019 (427)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (250)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

グループA

TOM'S グループAニュース

《TOM'S:全日本ツーリングカー選手権ニュース》  10月31日(日)
 【第9戦:国際ツーリングカー耐久レース インターTEC】
 天 候:晴れ        路面:ドライ
 観客数:94,600人     サーキット:富士スピードウェイ
************************************************************************
        37トムスレビン 第3位 (予選第9位)
        36トムスレビン リタイヤ(予選第4位)
☆ 1993年全日本ツーリングカー選手権は最終戦を迎え、インターTECをもって
 グループAの歴史にピリオドを打つ。
  グループA最後のレースとあって、その雄姿を目に焼き付けようと、予選日に
 は28,800人の観客が集まった富士スピードウェイであったが、天気がこの熱気に
 水を差してしまった。
 それまで晴天が続いていた静岡県東部の天候が、低気圧の接近で急に崩れ、公式
 予選は強い雨に見舞われてしまったのである。
  まず11時からの予選1回目がキャンセルされ、午後3時からのセッションが近
 づいても、天候は回復する気配を見せなかった。
 このまま中止かと思われたが、開始直前になって小雨に変わり、タイムスケジュー
 ル通り公式予選はスタートした。
  しかし皮肉にも、各マシンがコースインすると再び雨が強くなり、15時07分に
 一時中断、10分後に再開されたもののまたすぐに中断となり、結局このまま終了
 となった。 約10分間とはいえ、予選は行なわれたためこのセッションが予選1
 回目となり、決勝日の8時10分から40分間、公式予選第2回目が設けられること
 となった。
・ 幸いにも、31日決勝日は朝から晴天に恵まれ、スタンドは朝7時から待ちきれ
 ない観客で埋めつくされていた。
  予選2回目は、36トムスレビンが3クラス第4位、37トムスレビンは遅い車に
 阻まれてしまい、第9位で終了した。
☆ 決勝はタイムスケジュール通りの12時33分にスタート、いよいよグループAの
 最後のレースが開始された。 序盤3クラスは各車が接近したままの混戦模様の
 展開となり、36関谷正徳は3位から5位、37星野薫も8位前後をキープしながら
 前の車をマークし、スキを突く無理をしない走行となった。
  しかし、周回が増えるにつれ、各マシンに様々なトラブルが襲い始める。
 まず、10ラップ目に順調な走りを続けていた36関谷が緊急ピットイン、右のリヤ
 タイヤのナットが緩んでしまうハプニングであった。
 素早い作業ですぐに復帰した36トムスレビンであったが、12位と大きく順位を落
 としてしまう。
  17周目には、トップを走っていた 100シビックがミッショントラブルのためピッ
 トイン。修理に長い時間を強いられることとなった。
  しかし、最大のハプニングは28ラップで起きた。
 村松選手がドライブし、7位を走行していた33シビックがホーム・ストレートで
 転倒、コースを塞ぐ大クラッシュとなってしまった。
 幸いドライバーに大事はなかったものの、このアクシデントでレースは赤旗終了
 となり、第1パート、第2パートに分かれ、その合計タイムで争われる2ヒート
 制となったのである。
  第1パートは、32、14、25、19、5、37、33、77、28、36の順位で終了。
 第2パートはクラッシュした33を除いて、37が6位、36が9位からのスタートと
 なった。
☆ 14時13分、79周の第2パートが開始されると、36関谷は素晴らしいスタートを
 決め、1周目には3位に浮上し、猛追撃を開始した。
 しかし5周目、後ろを走行していた車に追突され、コースアウト。
 P.H.ラファネルにドライバーチェンジすることなくリタイヤとなった。
  一方、37は1分43秒から44秒台のタイムで確実な走行を続け、ライバルが次々
 とリタイヤする中、18周目に4位のポジションでピットイン。 田中哲也にドラ
 イバーチェンジした。
 田中も堅実なドライブで走行、36周目に32シビックがリタイヤし、3位となると
 そのまま走りきり、最後のグループAレースを表彰台で飾った。
※ リザルト省略
           提供:(株)TOM'S テクニカルセンター
          * FMOTOR4_SysOp 新倉芳夫 (SDI00686)-RIJ *


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース