Archives

  • [—]2020 (36)
  • [+]2019 (579)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (250)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

SUZUKA 1000km | インターサーキットリーグ

ICL:鈴鹿1000km決勝トップ3記者会見

●鈴鹿1000kmレース・優勝者記者会見
 決勝レース終了後、鈴鹿1000kmレースを最後まで走った全マシンが、
メインスタンド前のストレート上に停車し、総合上位3位まで、そして各クラ
ス上位3名までの選手たちの表彰式、大花火大会に続いて、スタンド前では、
各クラスのマシンの紹介が行なわれた。
 その時刻、コントロールタワー2階では、総合3位まで、各クラス優勝者の
記者会見が行なわれたが、ドライバーや記者たちもやはり人の子、窓を開けて
花火に見とれ、会見のスタートが遅れることになった。
◆鈴木利男(伊太利屋ニッサンR92CP/優勝)
「先週の筑波のグループAに続いて2連勝でき嬉しい。フロムAは富士でテス
トまでしていたけど、こちらは倉庫で埃をかぶっていたマシン。これで勝てる
なんて思っていなかったので、ラッキーだった。この運が来週の富士のF30
00まで続いてほしいね」
◆和田孝夫(伊太利屋ニッサンR92CP/優勝)
「久しぶりの優勝で、何をコメントしていいのかわからない。グループCカー
は、去年の美祢で乗って以来だったし、その前も、ひっくり返った事故以来ブ
ランクがあったしね。レースでは、最後は利男君が走る予定で、夜の走りの練
習もしてなかった。デグナーでスピンして足を引っ張って、ローテーションを
狂わせることになってしまった(ドライバー交代の時間を惜しんで、最後まで
和田選手が走りきった)。スピンは、アクセルに足が引っかかって、全開の状
態でデグナーに入ってしまったため。全開で抜けられるはずがない場所だから
ね」
◆マウロ・マルティニ(フロムAニッサン/2位)
「車のポテンシャルはあったが、問題がたくさん出て勝てなかった。勝てると
思っていただけに、とてもガッカリしている。残念で言葉もないよ……」
◆H-H.フレンツェン(フロムAニッサン/2位)
「マウロと一緒ですごく残念だ。今日はハードに攻めた。遅い車を抜くときは、
すごく近づいては抜いていったんで、みんなびっくりしたんじゃないかと思う。
すまなかった。チームはよくやってくれたが残念だ」
◆パーカー・ジョンストン(アキュラNSXスパイス/3位)
「我々を招いていくれた鈴鹿サーキットに感謝している。Gr.Cカーはとて
も速くて、あっというまに抜いていった。とてもいい経験ができたよ。レース
もすごく楽しむことができた。次にくるときは、もう3~400馬力パワーを
アップしたマシンで走りたいと思うね。3位になって嬉しい」
◆ダン・マービン(アキュラNSXスパイス/3位)
「鈴鹿はとてもいいコースだ。ぼくの知ってる中では、最高のサーキットだね。
とても素晴らしい体験ができた。日本人は皆親切で、ファンもレースに対する
知識が深い。スポンサーに感謝している。いい経験をした」
 ――アキュラNSXスパイスのドライバー2人には、レース前に独自にイン
タビューした。
 3年連続のIMSA・GTPライト・チャンピオンを決めたパーカー・ジョ
ンストンと相棒のダン・マービンは、予選日の土曜日から、同じアメリカ人の
ジェフ・クロスノフと食事をしながら、鈴鹿の攻め方について教えてもらって
おり、決勝レース前にも、マービンが、クロスノフから、さらに説明を受けて
いた。
◆パーカー・ジョンストンに対するQ&A
 Q:3年連続のGTPライトチャンピオン、おめでとう。
PJ:ありがとう。
 Q:鈴鹿サーキットに対する印象は?
PJ:最高にお気に入りのサーキットだよ。チャレンジングで高速でとても面
白い。設備、雰囲気なども含めて、世界最高のサーキットだと思う。
 Q:IMSAでは今年限りでGTPがなくなってしまいますが、来年の予定
は? アメリカでは、あなたとホンダとの関係から、インディカーに行くんで
はないかと推測している人もいるようですが?(CARTのエンジン規則によ
り、ホンダがインディカーに進出する場合は、最低2チームかつ3台以上のマ
シンにエンジンを供給しなければならないため、ボビー・レイハル、マイク・
グロフのレイハル・ホーガン・チーム以外のホンダのセカンドチームとして、
ジョンストンのコンプテック・レーシングチームが、これまでのホンダとの関
係から、候補に上がっているのではないか……という推測がアメリカでは流れ
ている)
PJ:まだ来年のことは何も決まっていない。日本のF3000まで含めて、
あらゆる可能性を探っているところだ。
 Q:IMSAで来年から正式スタートするWSC(ワールド・スポーツカー
=オープンコックピット、市販エンジンを使用した2座席スポーツカー)の構
想は?
PJ:いまのところ何もない。
◆ダン・マービン
 Q:鈴鹿サーキットの印象は?
DM:チャレンジングでむずかしいコースだね。コースマップを見ればわかる
ように、コーナーも低速から高速までバラエティに飛んでいる。しかも高低差
もあって、ドライビングがむずかしい。S字から逆バンク、ダンロップ、デグ
ナーにかけてはリズムが必要で、ここが一番むずかしい。スプリングのセット
アップも、ここが一番大変だね。
 Q:F3000では、130Rが最もチャレンジングなコーナーとして有名
だけど?
DM:F3000では、トップギアで、フラットアウトで回るらしいね。こち
らもトップギア(5速)で回るけど、とても全開にはできない。どうしてもア
クセルを少し緩めてしまうよ。
 Q:今日は暑くなりそうだけど、暑さの対策は?
DM:クール・ヘルメットとクール・スーツを使うよ。身体を冷やすのは、ベ
ストみたいなスタイルで、中を冷たい水が循環するようになっているんだ。
 Q:日本のレースファンの印象は?
DM:アメリカのレースファンに比べると、レースやマシンに対する知識が深
いようだ。さっきもピットウォークで、たくさんのファンがピットにきたけど、
みんな熱心にマシンを覗き込んでいるし、写真を撮っていった。アメリカの一
般的な観客は、近くでマシンを見ても、「きれい」「すごい」でおしまいなん
だ。それに比べると、日本のファンは、マシンを見る目が違うね。とてもエン
スージアチックだ。
  すがやみつる(SDI00104)/RIJ


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース