Archives

  • [—]2020 (102)
  • [+]2019 (579)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (250)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

International F3 League

富士F3出場のドライバーズ・プロフィール

<インターナショナルF3リーグ出場の海外F3ドライバーのプロフィール>
 11月27日から29日にかけて、「第3回インターナショナルF3リーグ」
が富士スピードウェイで開催される。
このイベントには、日本ではあまり馴染みの薄いヨーロッパ各国のF3選手権で
活躍している強者ドライバーが大勢エントリーしているが、既にその大半が前週
のマカオGPのメイン・レースを走っており、気力十分の状態で富士のレースに
臨むことになる。
 既に、主だったドライバーのプロフィールについては、会議室6の#287ー
289に「マカオGP-DRIVER'S PROFILE 」として掲載したので、そちらを参照し
ていただくとして、今回はマカオGPには出場せずに富士のレースにエントリー
したドライバーのプロフィールを掲載することにしよう。
------------------------------------------------------------------------
●ウォーレン・ヒューズ(イギリス/24歳)
 89年にイギリス・ジュニアFF1600選手権でデビュー。翌90年にはF
VL選手権にエントリーし、現在全日本F3000やF3で走っている中野信治
選手らとバトルを繰り広げた。昨シーズンもFVL選手権に出場し、開幕戦を含
めて3勝をマークし、シリーズ2位となったが、チャンピオンに輝いたK.バート
を最後まで苦しめた。
 今シーズンはイギリスF3選手権にステップアップ。当初はボクゾール・エン
ジン搭載のマシンを使用していたが、途中から無限エンジンにスイッチし、その
後再びボクゾール・エンジンを使用するなどすきりしない体制が響いた。だが、
それでも11戦目に見事初優勝を成し遂げ、結局1年目はシリーズ7位となった。
 彼もG・ド・フェランやK.バートらと共に将来を期待されているドライバー
であり、もし来年もイギリスF3に出場するならば、彼も間違いなくチャンピオ
ン候補のひとりである。また、先にも書いたが、彼のマシンはラルトRT36に
ボクゾール・エンジンを搭載している。全日本F3では見られないパッケージン
グだ。
●エマニエル・クレリコ(フランス/22歳)
 昨シーズンはフランス・フォーミュラ・ルノーに出場してシリーズ5位となる。
今シーズンはフランスF3選手権にステップアップ。開幕戦でいきなり2位に入
る大活躍をみせ関係者を驚かせたかと思うと、翌2戦目のノガロでは初優勝を飾っ
てしまった。また、第3戦のマニ・クールでも優勝して2連勝を飾るなど、シリー
ズ前半は素晴らしいパフォーマンスをみせ同選手権のペース・メーカーとなった。
だが、後半は優勝に恵まれず、結局シリーズを2位で終えることになった。
 彼は今シーズンのフランスF3でルーキーとは思えないほど素晴らしい活躍を
した。ジャン・アレジ以来、久しぶりのスーパースターの登場とも言えよう。来
シーズン以降も大いに活躍が期待できる。
●ジャック・イスラー(スイス/42歳)
 主にスイスF3を活動の中心の場としてきており、90年には同選手権シリー
ズ2位となる。今シーズンからドイツF3選手権に出場している。
●ヨルグ・ミューラー(ドイツ/23歳)
 カートから1988年ドイツFF1600に。翌89年にはドイツ・オペル・
ロータス・チャレンジのチャンピオンとなる。そして、1990年にドイツF3
選手権へとステップアップ。この年2位2回でシリーズ5位となる。昨シーズン
も優勝こそなかったものの、2位2回など表彰台を数回経験し、結局シリーズ4
位となった。また、彼は昨年のF1モナコGP前座のF3レースで他車を寄せ付
けず圧勝し、一前年の同レースに引き続いて2年連続で素晴らしいパフォーマン
スを披露している。
 今シーズンもドイツF3選手権に出場。第7戦のアブスで見事初優勝したが、
今年はこの1勝どまりで、シリーズ・ランキングでも上位にい食い込めなかった。
 彼のF3デビュー・レースがトップを走りながらクラッシュ、という結果で
もわかるように、彼のドライビイングは調子がいいと滅法速いのだが、反対に
雑な面もかなり多い。たが、モナコF3が得意であったり、悪天候のレースで
は素晴らしいパフォーマンスを発揮することがある。磨けばまだまだ光る素質
の持ち主と言えよう。
●エリック・シェリ(フランス/26歳)
 フランスFF1600やフランス・フォーミュラ・ルノーなどを経験し、87
年からフランスF3選手権に参戦。翌88年にはシリーズ2位となった。途中
1989年には国際F3000にステップアップ。一昨年から再びフランスF3
に戻り、昨シーズンはフォーミュラ・プロジェクトのレイナード・アルファロ
メオをドライブし、第6戦で優勝を飾るなどしてシリーズ3位となった。また、
昨年のF1モナコGP前座のF3レースに出場し、8位でレースをフィニッシュ
している。
●デレク・ヒギンズ(イギリス/28歳)
 87年にFF1600ジュニアで複数のタイトルを獲得し、翌88年にはFF
1600シニア選手権でもダブル・クラウンをかち取る。89年にはイギリス
F3へステップアップ。翌90年は同シリーズ9位となる。昨シーズンはイギ
リスF3やGMロータス・ユーロシリーズなど複数のカテゴリーにエントリー
したが、成績はぱっとせずだった。
 今シーズンからは全日本F3選手権にエントリー。5月の鈴鹿で6位入賞を
果たすが、ポイントはこの1ポイントだけだった。
●マウリシオ・サンドロ・サーラ(ブラジル/34歳)
 1986年にイギリスF3選手権でシリーズ2位となった後、活動の中心を
日本に移し、国内のトップ・カテゴリーで幅広い活動する。昨年のインターナ
ショナルF3リーグでは予選でトップと変わらないタイムをマークした。昨シー
ズンはマツダの契約ドライバーとしてSWCを転戦していた。今シーズンはト
ラスト・トヨタの一員としてJSPCに参戦していた。
------------------------------------------------------------------------
 以上、有松義紀氏が掲載してくれた最新のエントリー・リストを参考にして、
マカオGPのF3レースの方で紹介できなかったドライバーのプロフィールを掲
載してきみた。会議室6にあるプロフィールと併せてご覧いただければ、レース
事前に多くのドライバーの予備知識を仕入れられると思っている。
 今週末のレースを楽しみにしている方や、当日レースを観戦される方にとって、
この資料が何らかのお役に立てれば幸いである。
文:浜田 貴志 (MHA01070/RIJ)


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース