Archives

  • [—]2020 (195)
  • [+]2019 (579)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (250)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

JSPC

JSPC:NEWS 1992年以降の参加車両他

                         1991年10月19日
   今後の全日本スポーツプロトタイプカー耐久選手権レース(JSPC)
   の燃料供給量について
                    社団法人日本自動車連盟(JAF)
                    モータースポーツ局
 JAFは、今後の全日本スポーツプロトタイプカー耐久選手権レース(JSPC)
の振興を図るため、1991年7月19日付「JAFモータースポーツニュースNO.41」
等でその参加車両について発表いたしましたが、その後のレース結果および関係各位
の意見、要望等を基に再検討の結果、その一部を修正し下記の通り決定しましたので
お知らせします。
                  記
 1992年の参加車両についてのわが国独自の優遇措置について、次の通りとする。
 1.1993年以降はFISAグループCカテゴリー1(NA3.5リットルエンジン搭載車
  両)を主流とする。
 2.上記1によりFISA規定によるグループCカテゴリー1(NA3.5リットルエンジン
  搭載車両)についてはFISA技術規則を適用し、1992年から燃料供給規制
  を廃止する。
 3.現行N-C1車両のうち、ポルシェ車に対する燃料供量緩和については、次の
  ように燃料供給量を増量する。
   500kmレース:10リットル  800kmレース:15リットル
  1000kmレース:20リットル
 4.上記2および3の燃料供給量については必要に応じてJAFモータースポーツ
  運営委員会が年度途中でも見直しを行うことがある。
 5.1993年以降も現行のJSPC参加車両の参加を認める。
 6.燃料供給速度については現行通り(60リットル/分)とするが1993年は見直し
  をする。
                                以上


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース