Archives

  • [—]2020 (102)
  • [+]2019 (579)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (250)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

全日本F3000

PR:キャビンF3000予選リリース

全日本F3000選手権第7戦(富士スピードウェイ)
予選レポート
                  星野、フロントローより出撃
星野一義 カーナンバー1 1分17秒401 予選A組1位
      片山右京 カーナンバー3 1分17秒354 予選B組2位
●マシン
 星野はローラT90-50/無限、片山はローラT90-50/DFVを用いる。
 星野車、片山車とも、前回のレースで使用したシャシーに、富士用の低ドラッグ・
 ウイングを装備している。両者とも、TカーにはT91-50を用意。
●記録
 星野一義:トップフォーミュラ116レース目。今季第3戦で通算35勝目を挙げ、
 36勝目を狙う。現在15ポイントでシリーズ第3位。
 片山右京:トップフォーミュラ32レース目。通算2勝。現在22ポイントでシリ
 ーズポイントリーダー。
●予選
 富士スピードウェイを包み込んでいた霧は、公式予選A組第1回目を前に晴れようと
 していた。コースがオープンされても、ほとんどのチームはコンディションを睨んで
 動きださない。星野が1セット目のタイヤを装着してタイムアタックにかかったのは
 セッション開始後15分を経過しようとした頃。彼はこの1回目のセッションで1分
 17秒762のベストタイムを記録。星野はさらにセッション残り5分 で2セット
 目のタイヤを投入、2度目のタイムアタックを行う。第1コーナーで前のマシンに
 ひっかかりながら星野はタイムを1分17秒401まで更新する事に成功した。
  一方、片山はB組のセッションが開始されて5分を過ぎたところで1回目のタイム
 アタックに入った。結果は1分17秒854に留まる。片山はピットに戻ってフロン
 ト・ホイールのキャンバーを調整。セッション終了15分前に2セット目のタイヤを
 装着して再度タイムアタックにかかった。記録は1分17秒354。しかし、マル
 ティニ選手のベストタイムには及ばず、片山はb組2位に甘んじた。
  午後、星野と片山はポールポジション奪取を狙って、すでに使用した予選用タイヤ
 を使っての3度目のタイムアタックを敢行するが、タイムアップはならず、公式予選
 順位は1回目のセッション通りに決定することとなった。
●談話
 星野一義:クルマの調子は抜群にいい。最初のセッションではコースが荒れていたし
 天候がどう変わるかわからなかったので慎重になった。しかし結果的には作戦ミス
 だったかなぁ。2セット目では気合いが入っていた。でも第1コーナーで前のクルマ
 にひっかかってしまった。そこでアタックを打ち切って走り直すことも考えたけど、
 そのまま頑張った。ポールが取れなかったのは残念だけれど、フロントローだから
 十分だね。決勝では気持ちのいいレースができると思う。なにがなんでもここで勝っ
 て、王座を守らなければね。
 片山右京:今日は路面も気候もコンディションが変わったので、セッティングが微
 妙にずれてしまった。リミッターが効きすぎてしまうし、アンダーステアが強くて。
 でも、それはごくわずかな問題。今のF3000は実力が伯仲してるので、わずかな
 問題がこういう差になる。ポールポジションがなかなか取れませんね。自分で自分が
 もどかしいです。でも2列目なら十分。明日は目の前にいるクルマを全部抜くつもり
 でいきます。ポイント・ランキング首位の座を守ることよりも、攻めていくことを
 心がけます。
 提供:キャビン・レーシングチーム事務局


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース