Archives

  • [—]2020 (99)
  • [+]2019 (579)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (250)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

全日本F3000

PR:レイトン富士F3000予選リリース

               プレスリリース
          全日本F3000選手権シリーズ第7戦
           日本信販スーパーカップRD・3
             富士チャンピオンズレース
           8月10日:富士スピードウェイ
公式予選
 今日、8月10日より、全日本F3000選手権シリーズ第7戦が、富士スピ
ードウェイで開幕した。
 今回のF3000シリーズ第7戦は、前戦の第6戦菅生から、約2週間のイン
ターバルをおいてのレースとなっている。
 この2週間の間に、チームはエース・ドライバーの関谷正徳に対し、レイトン
ハウス90B・MK2からローラT90/50にマシンを変更、また、チーム・
メートの田中実には、菅生に引き続きラルトRT23を投入した。なお、田中は、
第2戦の富士ではレイトンハウス90Bを使用したため、ラルトで富士を走るの
は、7月中旬のテストを含めて、まだ2回目となっている。
 まず、昨日行われたフリー走行では、関谷は予選シュミレーションでは1分1
7秒台に入るなどして、コンスタントにトップ4をキープ。一方、田中は、ラル
トのセッティングと格闘しながら、1分19秒台のタイムで周回を続け、基本セ
ッティングを洗い出すことに集中した。
 そして、今日の予選のコンディションは、天候は曇、気温は25度、路面温度
は20度から35度と、8月のこの時期にしては、比較的良好な状況となってい
た。
 関谷は、午後が雨になると読み、1回目の予選で規程の2セットを両方ともト
ライ、田中は、セッティングの様子を見るために、1回目と2回目の予選で、そ
れぞれ1セットづつ使う戦略をとった。
関谷 正徳:Aグループ5番手「いやぁ、今回は路面のコンディションが悪かっ
たね。前回のテストで決めたセッティングなのに、まるでマシンの挙動が違うん
だもの。でも、一度、それが分かると、あとはいつも予選て感じだったね。欲を
言えばきりがないけど、悪くもなかったってこと。明日は、グリッドがちょっと
不利だけに、難しい展開になりそうだけど、行くしかないね。」
田中  実:Aグループ11番手「昨日から、ハンドリングを良くしようと、色
々とミーティングで話し合ったんだけど、今日は、かなり改善されてタイムも伸
びた。でも、ちょっとブレーキにトラブルが出てね。でも、原因は分かっている
から、明日はOKだよ。それに、予選とレースは別物だよ。グリッドの廻りが外
人?  去年まで、外国で走ってたから、全然気にならないよ!」
  提供:チームレイトン


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース