Archives

  • [—]2020 (45)
  • [+]2019 (579)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (250)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

全日本F3000

F3000:菅生テスト レイトンリリース

               プレスリリース
             菅生F3000合同テスト
        6月12日(水)/宮城県・スポーツランド菅生
 テスト2日目の今日、仙台地方は朝から晴天となった。
 しかし、天気予報では、午後から雨というリポートであった。そのため、チームに
よっては午前中の走行時間帯の後半から、予選シュミレーションに入るところも出
てきた。
  天気は、午後の走行時間帯が始まった午後0時30分になっても、くずれること
 はなかった。ただ、少しづつ積乱雲がサーキット上空に現れ始め、時間が経つにつ
 れて、太陽は雲に隠れて、いつ雨が降ってもおかしくない状況となる。
  一方、気温と路面温度は、朝から続いた晴天のために上昇を続け、太陽が雲に遮
 られる直前頃には、気温が32度、路面温度は50度に達して、昨日にも増してマ
 シンとドライバーとタイヤにかなり厳しいコンディションとなっている。
  また、今日から小河 等選手がニュー・マシンのローラT91/50で参加して
 おり、T91を使用するトップ・ドライバーがもう一人増えている。なお、この日
 のトップ・タイムは今回がシェイク・ダウン・ランである同じローラT91/50
 を使用するジェフ・リース選手がマークした。リース選手は菅生が得意とはいえ、
 シェイク・ダウンでいきなり好タイムをマークして、関係者の注目を浴びている。
  このような状況の中で、チーム・レイトンの関谷正徳と田中 実は、一日中をレー
 ス・セッティングに集中しており、周囲のタイムは気にせずに燃料を満載した状態
 での基本セッティングのデータ収集に努めている。ただし、関谷は、雨が降り出す
 直前の時期を見計らって、今回のテストでは初めての予選シュミレーションを行い、
 1分10秒台の8番手のタイムをマークしている。
関谷 正徳
「たいへんなレースになりそうだね。レースはこの調子だと1分13秒台が現実的な
タイムだろうけど、予選は、それから4秒位速いタイムでラップすることになる。鈴
鹿じゃ、こうはいかないよ。予選セッティングとレースセッティングをキッチリと分
けておかないと、このギャップに惑わされることになりそうだ。そういった意味では、
ウチは予定通りプログラムをこなしているから、大丈夫だとは思うけど。後は天候か
な。レースが今日みたいに30度を越える気温の中でとなると、かなりタフなモノに
なりそうだね。」
田中  実
「今日は、僕はレース・セッティングに集中していたよ。セッティングもかなり進ん
できてるしね。他のドライバーは、すぐに予選シュミレーションに入ったみたいだけ
ど、レース・セッティングでのタイムでなら、みんなとほぼ互角のところまで来てる
と思うけど。でも、油断は禁物だね。明日も、もっと走り込んでデータを集めたいよ。
そのためにも、明日が晴れるといいんだけど。」
     提供:チーム・レイトン
   * FMOTOR4 Sub-sysop * 新倉芳夫 / PBA00065


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース