Archives

  • [+]2019 (579)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (250)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

全日本F3000

F3000:第5戦鈴鹿:片山右京優勝

 5月26日、薄曇りで蒸し暑い鈴鹿サーキットで開催されたF3000第5戦ミリオン
カードカップ・ラウンド2鈴鹿は、ポールポジションからスタートした片山右京
(CABINローラT90/50-DFV)が、スタートやり直しで34周になったレースを最後ま
でトップで走り優勝を飾った。2位は最前列からスタートした小河等(キグナス・
トーネン・ローラT90/50無限)。3位にはフォルカー・バイドラー(カワイスチー
ル・ローラT91/50無限)が入った。
 1回目のスタートはマウロ・マルティニのエンジン・ストールでスタートやり直
し。2回目のスタートでは中谷明彦がストールしたが、全車これをかわしてきれい
にスタートした。
 2周目の2コーナーで、位を走行していた星野一義のマシンにバイドラーが接触。
星野はハーフスピン。この間に5位にいたジョニー・ハーバートが3位に浮上。だ
がバイドラーがすぐにハーバートを抜いて3位に。この後、星野がハーバートを攻
めたてるが、ハーバートもこれを抑えにかかる。星野は6周目の1コーナーでよう
やく4位に。しかし、ペースアップがたたったのか、コースアウト。コースには戻
ったが、これでフロントウィングを傷めた模様でスロー走行。この後たまらずピッ
トに入ってウィング調整、ノーズコーンの交換などを繰り返すが、マシンのバラン
スが悪いのか、とうとうデグナーでスピン、タイヤバリアに突っ込んでレースを終
えた。
 この後、レースは片山、小河、バイドラー、ハーバート、松本のオーダーに。松
本は激しくハーバートを攻めるが、コーナーからの立ち上がりがハーバートの方が
速く、なかなか抜けない。こんな展開が10周近く続いた後の22周目、ついにシケイ
ンでハーバートをパスした松本のマシンのリアタイヤにハーバートが乗り上げてク
ラッシュ。2台ともマシンから降りた。
 レース終盤の見せ場はクロスノフと中谷の7位争い。クロスノフを攻めたてる中
谷が29周目のデグナーでインから前に。だが、ふくらみかけた中谷のインにまわっ
たクロスノフが抜き返そうとして中谷を弾き出すかたちに。中谷は大きく遅れたが、
これでトラブルを抱えたのか、クロスノフも遅れ、31周目、後続のカルカッシとヘ
アピン先で接触。クロスノフはここでリタイア。カルカッシもストレートまで戻っ
たが、ここでマシンを止めた。
 片山は、一時、小河から2秒台まで積められたが、片山は小河のペースに合わせ
てアクセルを加減、最終的には3秒917の差で優勝を飾った。
 片山はこれで今シーズン2勝目。シリーズポイントでも19点となり、トップに立
った。
 優勝インタビューで賞金1,000万円のつかいみちをきかれた片山は、「モナコで
クルーザーを買いたい!」と答え、観客をわかせていた。
  FMOTOR4_SysOp すがやみつる(SDI00104)/鈴鹿


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース