Archives

  • [—]2020 (182)
  • [+]2019 (579)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (250)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

S-FJ鈴鹿シリーズ

SFJ:第3戦鈴鹿決勝 平木玲次が初優勝

sfjs-rd3-r-24

sfjs-rd3-r-70

sfjs-rd3-r-22

sfjs-rd3-r-goal

sfjs-rd3-r-podium

 スーパーFJ鈴鹿シリーズは10日、鈴鹿サーキット東コース(1周・2.243km)で第3戦の決勝を行い、平木玲次(RS Fine 10V)が22周を19分51秒548で嬉しい初優勝を飾った。

 鈴鹿サーキットは朝から好天が続く中午後13時50分よりフォーメーションラップを開始。

 スタートを制したのは平優弥(TeamNaoki☆LEPRIX 10V)で、2位には八巻渉(モレキュールアキランドイーグル)3位には平木玲次(RS Fine 10V)が続いた。

 スタートで順位を1つポジション落とした3位の平木玲次は、前を走っているポイントリーダーの八巻渉にじわりじわりと接近して、4周目の1コーナーで八巻をパスすることに成功した。

 中盤までトップを快走の平は、14周目に周回遅れの車を抜くのに手間取り2コーナーで、平木に1位の座を受け渡してしまう。平はその後もトップの平木を最後まで追うが2位でゴールとなった。

 3位には八巻渉が表彰台を獲得し、4位は住山晃一郎(TeamNaoki☆PACS☆レプリED)が入り、5位には道野高志が入った。

Text & Photo: Nobumitsu OHTAKE


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース