Archives

  • [—]2020 (45)
  • [+]2019 (579)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (250)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

スーパー耐久

S耐:第1戦もてぎ公式予選 藤井・ガミさん・佐々木組のGT-Rが総合のポールポジションを獲得

st_r01_q-24.jpg st_r01_q-51.jpg st_r01_q-59.jpg st_r01_q-35.jpg st_r01_q-41.jpg st_r01_q-95.jpg

 3月29日、栃木県のツインリンクもてぎで、スーパー耐久シリーズの開幕戦の公式予選が行われた。

 20度を超える暖かさの中、午後1時からまずはAドライバーの1グループのセッションが20分間で行われた。今季はGT3から再びST-Xクラスへ呼称を変更したGT3マシンのクラスとインタープロトシリーズのマシンが参戦するST-1クラス、ST-2、ST-3クラスでのセッションとなった。同じく20分で引き続き行われたST-4、ST-5クラスの2グループの予選セッションとなった。

 Aドライバーの予選で1分52秒796のトップタイムをマークしたのは、#24GT-Rの藤井誠暢。ST-1クラスは#51BMWZ4の坂本祐也。ST-2クラスは昨年の最終戦で逆転のシリーズタイトルを獲得した#59インプレッサの大澤学。ST-3クラスは#35Z34の前嶋秀司。ST-4クラスは#41のシリーズチャンプS2000の植松忠雄。ST-5クラスはニューマシンFIT3参戦の#95松井猛敏となった。

 10分間のインターバルで13時50分から行われたBドライバーのセッションでは、#24GT-RのGAMISANが1分53秒931でトップタイムをマーク。ST-1も#51BMWZ4の池田大祐がトップタイム。ST-2も#59インプレッサの吉田寿博、ST-3も#35Z34の佐々木雅弘とここまでは、Aドライバーがトップタイムを出した同じマシンが文句なしのポールポジションを獲得した形になった。

 ST-4クラスは#93S2000の太田侑弥が、ST-5クラスは#99フィット3の大野尊久がそれぞれトップタイムをマークしたが、ABドライバーの合算タイムではST-4クラスは#41S2000に、ST-5クラスは#95FIT3がそれぞれポールポジションを獲得することとなった。

 決勝レースは30日の12時15分から5時間の予定で行われる。

Text & Photo: Keiichiro TAKESHITA


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース