Archives

  • [—]2020 (141)
  • [+]2019 (579)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (250)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

Japanese F3

F3-Rd.9:鈴鹿F3レース速報

●全日本F3選手権 第9戦
 ミリオンカードカップレース・ラウンド3鈴鹿
 決勝レース 速報
◆A.リード、オペルパワーでポール・ツー・フィニッシュ
   T.クリステンセンが続く
 秋晴れの鈴鹿サーキットで行なわれた全日本F3選手権・第9戦は、昨日の
予選でポールを獲得したダラーラF393・オペルに乗る92年チャンピオン
のアンソニー・リード(英)が、スタートからトップに立ち、そのまま一度も
首位を譲ることなくゴールまで走り、今季2度目の優勝を飾った。
 前戦の菅生で今年のチャンピオンを獲得したトム・クリステンセン(デンマ
ーク/トムス033F・トヨタ)が、スタートで4位グリッドから2位までジ
ャンプアップ、リードを追いかけながらも届かずに2位でフィニッシュした。
 クリステンセンは、91年にドイツF3チャンピオンを獲得しており、独日
のF3チャンピオンとなっている。
 2番手グリッドからスタートした光貞秀俊(トムス033F・トヨタ)が、
3番手グリッドからスタートした中野信治(ダラーラF393・無限)の追撃
をかわしてて3位。中野は4位となった。
 5位に入ったのは、6番手グリッドからスタートした本山哲(ダラーラF3
93・フィアット)、6位には5番手グリッドからスタートした井上隆智穂
(ダラーラF393・無限)が入った。
 鈴鹿では、年間10戦のうち4戦も開催されることから、各チームともテス
トでデータを煮詰めており、スタートでのポジションが、そのままレース結果
となることが多い。今回のレースも、そのような結果になった。
  すがやみつる(SDI00104)/RIJ/鈴鹿


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース