Archives

  • [—]2020 (195)
  • [+]2019 (579)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (250)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

Japanese F3

F3: F3最終戦リポート

 わずかな風が心地よく感じる暖かな鈴鹿サーキット。11時35分、F3レースの
決勝がスタートした。ウォームアップでエンジンが停止して心配された田中哲也もな
んとかスタート。オープニングラップを制したのはポールからスタートの金石。石川
朗が1周目シケインでスピン、サンドトラップにはまってリタイア。
 土屋も途中でスピンしピットへ。
 2周目にはロッソがピットインした。
 4周目終了時点、トップは金石で変わらず。2位にリード、3位にビスコ。2位争
いが続いている。
 金石は2位以下を離し始めている。2位争いに田中哲也が加わり3台の争いに。い
ま7周目を走行中。
 8周目、高村が田中を抜いて4位に浮上。4位争いが激化し、2、3位のリード、
ビスコとの差が開いてしまう。
 11周目、金石は余裕のトップ。キーを叩きながらだと展開がよくわからない。ピ
ットFMのラジオにもワープロのノイズが入るようで音が聞きにくい。
 ここシケインでは金石の走りも単独走行に近いせいか、とても安定している。その
後方では2番手争いがさらに激化。リードにビスコが迫る。
 14周目。5位田中が4位高村に接近。シケインでは完全なテール・ツー・ノーズ。
エラリーがシケインで単独スピン、セナ足でエンジンをあおり再スタート。
 田中は高村のリアウィングの下にノーズを潜らせるように追撃するが及ばず。
 17周のレースは12時10分に終了。トップ6の順位は以下の通り。
 1  金石
 2  リード
 3  ビスコ
 4  高村
 5  田中哲也
 6  沢登
 上位のマシン、走りの差はそんなにない感じ。予選順位とスタートがレースの展開
結果を左右するようだ。
   すがやみつる(鈴鹿サーキット・シケインスタンド)
 NTTの携帯電話ムーバとオアシスポケットでリポートしました。


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース