Archives

  • [—]2017 (113)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (250)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

SUPER GT

SGT:第1戦岡山決勝 優勝ドライバーのコメント

gt-rd1-r-ps-winners

GT500クラス優勝 #37KeePer TOM'S LC500

ニック・キャシディ
gt-rd1-r-pc-casidy まだ信じられない気分。まずはスタートが狙い通りに決まったのを嬉しく思います。公式テストから自信がありましたし、平川選手が速いのもわかっていました。
開幕から勝つ気でいましたから、本当に思い通りの結果でした。
平川亮
gt-rd1-r-pc-hirakawa レースを振り返ると、ホンダ勢は残念な結果でしたが、2番手でスタートして、タイヤの冷えているうちにニックが抜いてトップに立ったのが良かったです。それで僕にもトップでバトンが渡りました。ピットインのタイミングにより6号車、36号車を抜かなければならなくなり、そこがタフでした。特に36号車は僕がバックストレートに出て行った時に前にいて、抜くのがかなり大変でした。また僕らが後半選んだタイヤがハードすぎてうまく機能していなかったので、常に6号車が後ろについている状況でしたが、セーフティーカーが入ったおかげで残り周回数が少なくなり、運も味方してくれたと思います。
ニックとチームがいい仕事をしてくれたなと思います。

GT300クラス優勝 #4グッドスマイル初音ミクAMG

片岡龍也
gt-rd1-r-pc-kataoka 今回は公式テストから手応えを感じていて、優勝争いも現実的に見えていました。それだけに予選でポールポジションが取れなかったのは悔しくて、レースではやってやろうと思っていました。
ただ65号車も同じクルマなので特性も似ており、パッシングは難しいのでスタートの混乱で行こうと思っていたらセーフティーカースタートになってしまい、なかなかチャンスがありませんでした。選んでいたタイヤが暖まりの悪いものだったこともあって、やっと暖まったなと思ったらまたセーフティーカーが入っちゃうみたいな展開で。それでもなるべく抜いて、ピットまでに時間を稼ぎたいと思っていたので、抜いてからはプッシュしました。今回はヨコハマさんもいいタイヤを用意してくださったので、自分としては本当に楽しくドライブできました。
谷口信輝
gt-rd1-r-pc-taniguchi 合同テストから勝つための準備が整った状態でやってきて、天候なども読み通りで、決勝を睨んで硬めのタイヤをチョイスしました。
ところがレースでは赤旗が出たり、セーフティーカーでマージンがなくなったりと、チームとヨコハマタイヤがいい道具を用意してくれたのに、流れ自体は決して僕ら向きではなかったと思います。
それでもなんとか乗り越えて勝てたのは良かったです。
今回は本当にベストマッチなタイヤをヨコハマさんが用意してくれたことに感謝しています。
まとめ:Kazuhisa SUEHIRO
Photo: Yoshinori OHNISHI


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース