Archives

  • [—]2020 (166)
  • [+]2019 (579)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (250)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

スーパー耐久

スーパー耐久第6戦TI英田/NISMOモータースポーツニュースフラッシュ


(C)NISMO

スーパー耐久シリーズ第6戦
TIスーパー耐久 
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
■開催月日:2002年9月7日-8日
■開催場所:TIサーキット英田
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

■FALKEN☆GT-R今季2勝目をゲット!
  連続チャンピオンに急接近

【予選】
02スーパー耐久シリーズ第6戦はTIサーキット英田で38台の車両が参加して開催。
14時30分から40分間の公式予選が行われ、シリーズポイントリーダーである木下み
つひろ/青木孝行組の#3エンドレスアドバンGT-Rがコースレコードでポールポジ
ションを獲得した。予選2位はディフェンディングチャンピオンである竹内浩典/
田中哲也組の#1FALKEN☆GT-R、3位は輿水敏明/吉富章組の#19JMCダンロップGT-R
・EDだった。

【決勝】
明けた決勝日は雲の多い天気ながら3万3600人のファンが詰め掛けた。気温は29℃
と前日並みの暑さとなった。午後1時15分に109周の決勝レースがスタート。#3GT-R
の青木と#1GT-Rの田中がテールtoノーズのバトルを繰り広げ観客を沸かせる。20
周を過ぎたあたりから#1GT-Rのペースがガクッと落ち27周目にピットイン。
これで2位#1GT-Rに1周の差をつけ楽になった#3GT-Rだったが、1回目のピット作
業直前に、燃圧が上がらないというトラブルに見舞われてしまった。ドライバーは
木下に交代するがピット作業に時間を要し、#1GT-Rに先行されてしまう。

#3GT-Rは燃料ポンプを交換して完走する作戦に変更。そして56周目、炎上した車
両を排除するためにセーフティカーが導入された。このタイミングでトップの#1
GT-Rは3回ピットという作戦に変更し、燃料補給のためにピットイン。これで#19
GT-Rがトップに立った。
61周でセーフティカーがコースから離れるとレース再開。#1GT-Rは65周目にトッ
プを奪い返すとそのまま独走態勢を築く。79周目には3回目のピットインで田中に
交代。#19GT-Rは2回目のピットで再び吉富に交代。いっぽう#3GT-Rは、トラブル
を抱えてピットイン、ガレージに入ってしまった。

終盤、上位勢に大きなトラブルはなく#1GT-Rが開幕戦以来の2勝目。#19GT-Rが2
位、最後にコースインしてチェッカーを受けた#3GT-Rがクラス3位となった。
これでシリーズポイントリーダー#3GT-Rと2位#1GT-Rの差は6点に縮まった。 ま
たクラス3の#48シルビアは、4位でゴールした。

■竹内浩典選手
「複雑ですけど勝ちは勝ち。残り2戦に勝って逆転チャンピオンを目指します」

■青木孝行選手
「残念ですが、まだ僕たちが有利だと思います。これから2戦が面白くなるんじゃ
ないですか?」

■決勝結果
Pos.--Cls--Cls Pos.  Machine  Lap  Driver
1--1--1  FALKEN☆GT-R(日産スカイラインGT-R/BNR34)          109
         竹内 浩典/田中 哲也
2--1--2  JMCダンロップGT-R・ED(日産スカイラインGT-R/BNR34) 109
         輿水 敏明/吉富  章
3--2--1  三菱PUMAランサ-EVO VII(三菱ランサーエボ VII/CT9A) 109
         中谷 明彦/木下 隆之
4--2--2  RSオガワADVANランサー(三菱ランサーエボ VI/CT9A)   108
         小川日出生/福山 英朗/伊藤 勝一
5--2--3  アイフェルダンロップインプレッサ(スバルインプレッサ/GDB) 108
         吉田 寿博/清水 和夫
6--N+-1  MAZIORA ALTEZZA(トヨタアルテッツァ/SXE10)         108
         黒澤 琢弥/本吉 正樹
7--3--1  ワコーズ MAZIORA M3(BMW M3/E36)                   107
         長島 正興/山岸  大/牧口 規雄
8--3--2  FORTUNE科芸専RX-7(マツダRX-7/FD3S)                107
         大井 貴之/山下 潤一郎/加藤 雅也
9--N+-2  ADVAN ALTEZZA(トヨタアルテッツァ/SXE10)           107
         谷口 信輝/織戸  学
10--4--1  SPOON S2000 ED(ホンダS2000/AP1)                  107
          小幡  栄/竹中 正信

19--3--4  アイエーテック-TARGET(日産シルビア/S15)          105
          中村  啓/小原 健一/大塚 英一
29--1--3  エンドレスアドバGT-R(日産スカイラインGT-R/BNR34)  88
          木下 みつひろ/青木 孝行

上記の詳細情報は「NISMO official web site」をご覧下さい。



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース