Archives

  • [—]2020 (166)
  • [+]2019 (579)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (250)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

スーパー耐久

スーパー耐久第6戦TI英田/ラリーアートニュース


■□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□■
□        スーパー耐久シリーズ 2002第6戦          □
□   中谷明彦選手組三菱ランサーエボVII(クラス2)が今季4勝目!  □
□      小川日出生選手組が続いてランサーエボVIIが        □
□          ワン・ツー・フィニッシュ達成!           □
■□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□■


《結果》

〈クラス2〉*クラス2は完走6台

 順位    1
 ドライバー 中谷明彦/木下隆之
 車両    三菱ランサーエボリューション
 タイム   3時間16分02秒146
(周回数) (109周)
 予選順位  1

 順位    2
 ドライバー 小川日出生(CMSC山形)/福山英朗・伊藤勝一(CMSC山形)
 車両    三菱ランサーエボリューション
 タイム   3時間15分07秒060
(周回数) (108周)
 予選順位  3

 順位    3
 ドライバー 吉田寿博/清水和夫
 車両    スバル・インプレッサ
 タイム   3時間16分04秒914
(周回数) (108周)
 予選順位  4

 順位    4
 ドライバー 桂 伸一/瀬在仁志
 車両    三菱ランサーエボリューション
 タイム   3時間15分03秒610
(周回数) (106周)
 予選順位  5

 順位    5
 ドライバー 富桝朋広/関  豊
 車両    三菱ランサーエボリューション
 タイム   3時間15分45秒821
(周回数) (105周)
 予選順位  10

 順位    6
 ドライバー 小暮吉則(CMSC栃木)/碓井久彦
 車両    三菱ランサーエボリューション
 タイム   3時間16分28秒180
(周回数) (92周)
 予選順位  2

--------------------------------------

 スーパー耐久シリーズ 2002の第6戦「TIスーパー耐久&F3レース」が、
9月7日(土)~8日(日)にかけて岡山県英田郡英田町の「TIサーキット英田」
 (1周3.703km)で開催された。同大会のクラス2には5つのクラス中最多
の10台が出走。このうちランサー勢は8台を占めた。
 7日の午前中には降雨もあったが、午後2時半からの公式予選は好天のもとドライ
コンディションに。昨年の同クラスチャンピオン、中谷明彦/木下隆之選手組三菱ラ
ンサーエボリューションVIIがコースレコードとなる1分39秒657を記録し、
総合4番手のタイムで開幕以来無敗・6戦連続のクラスポールポジションを獲得。小
暮吉則(CMSC栃木)/碓井久彦選手組(三菱ランサー・エボリューション)が2
番手、小川日出生(CMSC山形)/福山英朗/伊藤勝一(CMSC山形)選手組(
三菱ランサーエボリューションVII)も3番手と三菱ランサー勢がグリッド上位を
独占した。
 翌8日も天候は朝から晴れ時々曇り。午後1時23分にドライコンディションで1
09周400Kmレースの決勝スタートが切られると、中谷選手組ランサーが序盤か
ら最大排気量のクラス1車両に肉薄するハイペースで総合4番手を快走。中盤にコー
ス上のオイル処理作業のためにセーフティカーが導入されると、その間隙を縫ってピ
ット作業を行った。中盤以降はクラス1車両のトラブル後退もあって総合2~3番手
に順位を上げると結局ノートラブルで走りきり、総合3位でチェッカー。十勝24時
間に続く2連勝/今季4勝目を獲得してタイトル2連覇に向けて大きく前進した。ま
た、オープニングラップで小暮選手組ランサーをパスしてクラス2番手に上がった小
川日出生(CMSC山形)選手組ランサーも安定したペースで中谷選手組に続き、総
合4位/クラス2位でゴール。三菱ランサー・エボリューションVIIがワン・ツー
・フィニッシュを達成した上、ランサー勢は同クラスの完走6台中実に5台を占めて、
ポテンシャルの高さをアピールした。
 なお、総合優勝はクラス1の竹内浩典/田中哲也選手組(日産スカイラインGT-
R)が獲得した。

--------------------------------------

《開催概要》
 
 開催日  9月7日(土)予選・8日(日)決勝
 
 開催場所 岡山県英田郡英田町「TIサーキット・英田」
 
 周回数  109周(1周3.703km)
 
 参加台数 38台(決勝レース出走 38台、完走 29台)
 クラス1 (3501cc~)3台
 クラス2 (2001~3500・)4WD10台(三菱ランサー8台)
 クラス3 (2001~3500・)2WD9台
 クラス4 (~2000・)9台
 グループNプラス・クラス 7台
 ※スーパー耐久シリーズ・技術規則第8条に従った車両
 
 観客数  7,800人(予選日)/33,600人(決勝当日)

--------------------------------------
★シリーズポイント(全8戦有効)

〈クラス2〉
 1位 中谷明彦組(三菱ランサー)    105
 2位 吉田寿博組(スバル・インプレッサ) 85
 3位 小川日出生組(三菱ランサー)    63
 4位 J.Y.パク組(三菱ランサー)   39
 4位 三上和美組 (三菱ランサー)    39
 6位 大橋正澄組(スバル・インプレッサ) 28
 7位 冨桝朋広組(三菱ランサー)     21
 8位 大野尊久組(三菱ランサー)     12
 9位 植松忠雄組(三菱ランサー)     10

--------------------------------------
ラリーアートWeb Site



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース