Archives

  • [—]2021 (208)
  • [+]2020 (461)
  • [+]2019 (579)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (248)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

SUPER GT

SUPER GT第5戦菅生 ポールシッターのコメント

060722_ty

060722_tt

060722_ma

060722_hy

GT500クラス #1ZENTセルモSC

立川祐路
ドライタイヤで行くか、ウェットタイヤで行くか、難しい路面コンディションでしたが、僕らは敢えてウェットでいくことにしました。ポールを取れたのはタイヤ選択がうまくいったからだと思います。
嬉しいことは嬉しいですが、前々回はポールからスタートして、充分勝つ自信があったのに戦う前にリタイヤすることになったので、そのリベンジという意味でも今回はどうしても勝ちたいですね。ここで勝てないとタイトル争いも難しくなると思いますし。
でも、菅生は抜きにくいサーキットですから、明日の決勝は自分の仕事さえキッチリやれば結果はついてくると思います。

高木虎之介

今日はウェットタイヤでアタックしているのに、ドライ路面のセクター1が速かったのを見た時点で『あ、ポールとれるな』と思いました。
テストからウェットコンディションでの感触は良かったです。ドライ路面だとどうなるか、まだわかりませんけど、今回こそは勝たなきゃいけないと思ってますし、戦略さえキッチリやれば勝てると思います。


GT300クラス #88アクティオ ムルシエRG-1

マルコ・アピチェラ
ポールを取れたことはもちろん良い気分ですよ。
でも今回はコースコンディションがすぐに変わってしまうので、考える時間もなく、ただ走るだけで精一杯だったんですよ。だから、ポールが取れたことには正直驚いてます。
僕らはインターミディを持ち合わせていないので、スリックタイヤで行くか、ウェットタイヤで行くか選択に悩み、結局スリックタイヤで行きましたけど、ポールを取れたので正しい選択だったようですね。
チャンピオン争いのためにも、明日は一つでも多くのポイントを稼ぎたいです。

桧井保孝
午前中の予選は、まずスーパーラップに残ることが大事だと考えていました。正直その後は難しいかなと思っていましたから。
ですからスーパーラップでは良くあんなタイムが出たなと感心してたんです。
で、後のドライバーが皆タイムが出ないので、『あれ?』『あれ?』って思ってるうちにポールが決まってしまった、という感じです。
今回はマルコの気迫が違いましたね。いいものを見せてもらったなと思います。
明日の目標は、もちろん『勝利』です。

まとめ&Photo:Kazuhisa SUEHIRO



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース