Archives

  • [—]2020 (45)
  • [+]2019 (579)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (250)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

スーパー耐久

スーパー耐久第7戦SUGO/ラリーアートニュース


■□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□■
□         スーパー耐久シリーズ 2002 第7戦        □
□   小川日出生選手組三菱ランサーエボVII(クラス2)が2位入賞!  □
□       中谷明彦選手組ランサーはランキング首位を堅持し      □
□            タイトル争いは最終戦決着へ           □
■□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□■


《結 果》

〈クラス2〉 *クラス2は完走7台 

 順位       1
 ドライバー    吉田寿博/清水和夫
 車両       スバル・インプレッサ
 タイム(周回数) 3時間32分33秒138(131周)
 予選順位     3

 順位       2
 ドライバー    小川日出生(CMSC山形)/福山英朗
          伊藤勝一(CMSC山形)
 車両       三菱ランサーエボリューション
 タイム(周回数) 3時間32分46秒360(131周)
 予選順位     2

 順位       3
 ドライバー    植松忠雄/キム・ハンボン
 車両       三菱ランサーエボリューション
 タイム(周回数) 3時間33分03秒142(127周)
 予選順位     10

 順位       4
 ドライバー    桂 伸一/瀬在仁志
 車両       三菱ランサーエボリューション
 タイム(周回数) 3時間32分16秒603(126周)
 予選順位     4

 順位       5
 ドライバー    J.Y.パク/小宮延雄
 車両       三菱ランサーエボリューション
 タイム(周回数) 3時間32分22秒568(125周)
 予選順位     9

 順位       6
 ドライバー    三上和美/村田信博
 車両       三菱ランサーエボリューション
 タイム(周回数) 3時間32分24秒143(122周)
 予選順位     8

--------------------------------------
    
 スーパー耐久シリーズ 2002の第7戦「SUGOスーパー耐久レース」が、1
0月5日(土)~6日(日)に宮城県柴田郡村田町の「スポーツランドSUGO」 
(1周3.704km)で開催された。同大会のクラス2には10台が出走。このう
ち三菱ランサーは8台を占めた。5日の天候は晴れ時々曇り。公式予選では中谷明彦
選手/木下隆之選手組のランサー・エボリューションVIIがクラス2のコースレコ
ードタイムを記録し、総合8位で開幕以来7戦連続となるポールポジションを獲得し
た。また、小川日出生(CMSC山形)/福山英朗/伊藤勝一(CMSC山形)選手
組(三菱ランサーエボリューションVII)も2番手で続き、三菱ランサーエボVI
Iがグリッド1、2位を独占した。

 明けて6日はどんよりとした天候。雨こそ降らなかったが、気温も20度と低めで
肌寒い。12時38分に135周500・の決勝スタートが切られると、中谷選手組
のランサーエボVIIは最大排気量のクラス1車両に続く総合4番手に浮上してクラ
ストップを快走。しかし、まもなくエンジンの水温上昇に見舞われてペースダウンを
強いられる。代わって23周目に首位に立った小川日出生選手組ランサーエボVII
は、1回目のピット作業を機に、ピットを先に済ませた小暮吉則選手/砂子塾長選手
組(三菱ランサー)に先行されるが、小暮選手組も水温上昇で戦列を去ることに。そ
して88周で再びトップに返り咲いた小川選手組だったが、2度目のピットに向かっ
たところで、1ストップ作戦の賭けに出た吉田寿博/清水和夫選手組(スバル・イン
プレッサ)が先行。小川選手組は終盤激しく追撃したが惜しくも届かず、吉田選手組
に続く2位でチェッカーを受けた。また、10番手グリッドからじわじわと追い上げ
た植松忠雄/キム・ハンボン選手組(三菱ランサー)が3位に入り、参戦3戦目にし
て初表彰台を獲得した。中谷選手組は7位で完走して貴重な4ポイントを稼ぎ、ポイ
ントランキング首位の座を堅持。チャンピオン決定は最終戦富士(11月10日決勝
)に持ち越されることとなった。
 なお、総合優勝はクラス1の木下みつひろ/青木孝行選手組(日産スカイラインG
T-R)が獲得した。

--------------------------------------

《開催概要》

 開催日 :10月5日(土)予選・6日(日)決勝
 開催場所:宮城県柴田郡村田町「スポーツランドSUGO」
 周回数 :1周(1周3.704km)×135周(500kmレース)
 参加台数:40台(決勝レース出走 39台、完走 32台)
    クラス1(3501cc~)3台
    クラス2(2001~3500cc)4WD10台(三菱ランサー8台)
    クラス3(2001~3500cc)2WD8台
    クラス4(~2000cc)12台
    グループNプラス・クラス7台
    ※スーパー耐久シリーズ・技術規則第8条に従った車両

 観客数:    5,200人(予選日)/28,600人(決勝当日)
--------------------------------------

★第7戦終了時点のシリーズポイント(全8戦有効) 

〈クラス2〉 

 順位  ドライバー   車両          ポイント
  1  中谷明彦組   三菱ランサー      109
  2  吉田寿博組   スバル・インプレッサ  105
  3  小川日出生組  三菱ランサー       78
  4  J.Y.パク組 三菱ランサー       47
  5  三上和美組   三菱ランサー       45
  6  大橋正澄組   スバル・インプレッサ   28
  7  植松忠雄組   三菱ランサー       22
  8  冨桝朋広組   三菱ランサー       21
  9  桂伸一組    三菱ランサー       20
 10  大野尊久組   三菱ランサー       12
--------------------------------------
ラリーアートWeb Site


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース