Archives

  • [—]2020 (196)
  • [+]2019 (579)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (250)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

Japanese F3

SKILL SPEED F3 REPORT 3/27PM


 ☆☆ SKILL SPEED ☆☆
 ☆☆☆ F3 REPORT ☆☆☆

   全日本F3選手権公開テスト
    場所:鈴鹿サーキット
    日時:3月27日(午後)
    天候:晴れ(路面/ドライ)

Pos Driver                  TYPE                   BESTLAP
1 トム・コロネル  ダララF397/トヨタトムス3S-G         1'59.33
2 伊藤 大輔    ダララF397/無限MF204B         1'59.90
3 脇坂 薫一    ダララF397/無限MF204B         2'00.80
4 立川 裕路    ダララF397/無限MF204B         2'00.83
5 セバスチャン・マルティノ    ダララF397/スピースオペル     2'01.31
6  平野  功    ダララF397/HKS三菱4G93        2'01.40
7 徳田 照幸    ダララF396/トヨタトムス3S-G        2'01.52
8 内山 清史    ダララF397/HKS三菱4G93        2'02.23
9 土屋 武士    ダララF397/HKS三菱4G93        2'02.24
10 吉村 一誠    ダララF396/無限MF204          2'02.39
11 西   翼    ダララF397/無限MF204B         2'02.41
12 館  信吾    ダララF397/トヨタトムス3S-G        2'02.42
13 横山  崇    ダララF396/無限MF204B         2'02.68
14 来嶋 真也    ダララF395/トヨタトムス3S-G        2'02.98
15 井出 有治    ダララF396/無限MF204          2'02.99
16 歌川  拓    ダララF396/トヨタトムス3S-G        2'03.05
17 河野 尚裕    ダララF395/無限MF204         2'03.18
18 五味 康隆    ダララF397/トヨタトムス3S-G        2'03.48
19 長嶋 正興    ダララF397/トヨタトムス3S-G        2'04.15
20 古市  洋    ダララF397/無限MF204          2'05.95
21 密山 祥吾    ダララF397/HKS三菱4G93        2'06.56
22 増田 哲治    ダララF395/スピースオペル     2'06.83
23 清水  剛    ダララF397/HKS三菱4G93        2'07.80
24 阪口 良平    ダララF395/トヨタトムス3S-G       13'20.54

午後4時から27日2回目の走行が始まった。午前の走行でマシンのセットアップ
も進んだため、今年はじめてニュータイヤを投入し、予選に向けてのフィーリ
ングチェック及び伊藤大輔にとっては初めてのアタックを敢行することにし
た。まず、午前中に使用したユーズドタイヤでマシンのフィーリングをチェッ
ク。そのタイヤで午前のタイムを上回る2分1秒50をマークしたのちピットイ
ン。微調整をマシンに加えて再度確認に出ようとしたところ、赤旗中断となっ
たため残り時間を考えニュータイヤを投入することにした。3周のウオームア
ップののち、伊藤はアタックに入り、2分フラットを連発。6周目に無限ホン
ダ・ユーザーとして、また日本人として初めて2分の壁を破る夢の1分59秒台を
マークして見せた。最後のアタックではダンロップ・コーナー下でスローカー
に引っかかり、それ以上のタイムアタックはなかったが、チームとしては十分
に満足できる結果だったといえる。

伊藤大輔のコメント:「マシンの調子はエンジンを含めてとてもよくなってき
ています。新品タイヤを履いてのアタックは初めてだったのでまだ勉強しなく
てはいけない余地がありますが、タイム的には満足です。このペースでマシン
を仕上げ、次はトップタイムを狙います。ここまでの体制を整えてくださった
ホンダ、無限、チーム・スタッフをはじめいろいろな方々に感謝の気持ちでい
っぱいです。今後もその期待に僕が応えられるようがんばります。」

百田義弘テクニカル・エンジニアのコメント:
「まずまずの結果に満足しています。ユーズドタイヤでのセットアップからニ
ュータイヤを履いたときに微調整を加えましたが、バランスが大きく変わらな
かったことが特によかったと思います。狙いとしては1分59秒50だったのです
が、スローカーに引っかかったり、伊藤も初めてのニュータイヤでのアタック
だったのでしかたがないと思います。このペースを週末まで保てるよう精いっ
ぱい努力します。」

深尾栄一ディレクターのコメント:
「体制を整えて行っている最中は、いったいどうなるかと思いましたが、まず
はマシンのカラーリングもぎりぎりで完成し、なんとかみんなと一緒にテスト
に参加することができました。マシンの仕上がりも上々で、戦うモチベーショ
ンをチーム全体で上げられたのが大きな収穫だったといえるでしょう。まだま
だチームとしてはやることは山積していますが、ひとつひとつ解決していきた
いと思います。」

                        SKILL SPEED F3 TEAM
                                       深尾栄一



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース