Archives

  • [—]2020 (137)
  • [+]2019 (579)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (250)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

Japanese F3

SKILL SPEED F3 REPORT 3/30


 ☆☆ SKILL SPEED ☆☆
 ☆☆☆ F3 REPORT ☆☆☆

****全日本F3選手権第1戦****
      決勝レース
    場所:鈴鹿サーキット
    日時:3月30日
    天候:晴れ(路面/ドライ)

    伊藤大輔
    スタート:20番手/決勝順位:リタイヤ

早朝は快晴に恵まれた鈴鹿サーキット周辺であったが、決勝レーススタートが
近づくにつれて黒い雲が鈴鹿山脈の方向から迫ってきた。フォーメイション・
ラップ中には西コースでは雨が降り始めたという情報も。不本意な20番手から
のスタートとなった伊藤大輔は、まずまずのスタートを決めて、1周目の1コー
ナーまでに2台を抜き、最終コーナーを立ち上がってきたときには一気に12番
手まで浮上した。3周目には早くも2分3秒台に入れ、毎ラップごとに順位を上
げ、6周目には分3秒582というこの日のベストラップ3位に相当するタイムをた
たき出した。8周目には8番手まで上がり、前を走る吉村選手にあっという間に
迫った。
 しかし、130Rを立ち上がったところでピタリと吉村選手の後ろにつけてシケ
イン入口でインを刺そうとしたが、巧みなブロックにあい、今度はアウトに並
びかけようとしたところでラインが交差。その時右フロントウイングを吉村選
手のマシン後部に接触させてしまいコースオフ。そのままリタイヤとなってし
まった。

伊藤大輔のコメント:
「完全にぼくのミスです。つまらない接触からリタイヤした自分に腹立たしく
思うのと同時に、吉村選手には申し訳ない気持ちでいっぱいです。マシンの調
子もドライで走った木・金曜日と同じように良く、どんどん順位を上げられ
た。明らかにぼくの方にマージンがあったにもかかわらず、吉村選手のブレー
キング時にこちらが減速しきれずに接触してしまった。ぼくのミスでこれまで
必死にマシンを仕上げてくれたチームのみんなや、協力していただいている関
係者にも申し訳ない気持ちです。予選も含めて、このレースウイークに起こっ
たことを猛省し、次の筑波に臨みたいと思います。」

深尾栄一ディレクターのコメント:
「予選、決勝ともに新人にありがちなミスが目立ってしまいましたね。マシン
の調子はこと決勝に関していうなら問題なかったことは、彼のレース中のペー
スを見ればわかります。あのままミスなくいければ、表彰台はまだしも4位に
はなれていたことでしょう。伊藤はドライバーとして反省しなくてはならない
点が多くありました。これも今後を考えれば収穫といえるでしょうが。チーム
としては全体的に速さは証明することが出来たと思いますが、最も必要な強さ
が足りないことも露呈させてしまいました。一から出直すつもりで今後もがん
ばります。」

                        SKILL SPEED F3 TEAM
                                       深尾栄一


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース