Archives

  • [—]2021 (2)
  • [+]2020 (461)
  • [+]2019 (579)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (248)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

SUPER GT

SGT:第7戦もてぎ決勝 優勝ドライバーのコメント

GT500クラス #18TAKATA童夢NSX
小暮 卓史
0909Kogure クルマをここまで修復してくれた皆さんに、心から感謝しています。
鈴鹿1000キロでは僕の人生の中でも一番厳しいクラッシュをして、痛い思いもしましたが、そこから今回は勝利という、 地獄から天国みたいな両極端な2連戦になりました。
クルマは正直納得いかない部分もありましたがペースは悪くなく、 ギヤに多少の不具合を抱えながらもマージンを築きつつ道上さんに渡すことができました。
今回勝てたって言う事実はデカいです。これで今からでも遅くない、シリーズを狙っていけるいい流れになりましたから。

道上 龍
0909Michigami 昨日はとっておきの速さを持ってる小暮がポールを獲ってくれて、 今日は勝つことができてよかったです。今まで何度もポールを獲ってきたのに、 そのたびにクルマが壊れたりして結果を残せませんでしたが、今回勝てたことで、速さだけでなく強さも証明できました。
ギヤの不具合はありましたけど、なんとか最後まで持ちました。ライバルのリタイヤにも助けられて、楽にチェッカーを受けられました。
実は先日、8号車のドライバーとともにホンダの栃木研究所に招待されて、激励会をやっていただいたんですが、 その皆さんの思いに応えられて本当によかったです。
これでタイトルへの望みも出てきました。残り2戦も頑張ります。

GT300クラス #26ユンケルパワータイサンポルシェ
谷口 信輝
0909Taniguchi 今の気持ちはもうサイコーです。決勝は『こういう形で行けばいいな』という予想以上の内容で、 ボク的には100点満点でした。
走ってる場所がよかったおかげで、後ろのほうが混乱している間に充分なマージンを築くことができました。でも、 今までもいいところを走っていてもクルマが壊れたりしていたので、後半もずっと心配してて、ファイナルラップまで気が抜けなかったんですよ。
(シーズン残り2戦の抱負は)もういいです(笑)富士はまだ可能性があるのでいけたらいきますけど、オートポリスは相性が悪いので、 もういいです。(笑)
チームタイサンにとって今回の優勝は、カーナンバーと同じ通算26勝ということで千葉さんもすごく喜んでくれました。

ドミニク・ファーンバッハー
0909Farnbacher 今は本当に、チームタイサンのみんなに感謝しています。 すばらしいチームとすばらしいチームメイトです。
レースもハードじゃありませんでした。タニグチが充分なギャップを広げてくれましたから、あとは慎重にドライブして勝利を勝ち取るだけで、 それができてハッピーです。
僕は子供の頃から日本のGTに憧れていましたが、ル・マンでチバさんに会うまで、どうすれば参加できるのかわかりませんでした。 このシリーズは母国のDTMと比べてもすばらしいと思います。

まとめ:Kazuhisa SUEHIRO



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース