Archives

  • [—]2020 (95)
  • [+]2019 (579)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (250)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

Formula Nippon

Fニッポン第7戦 富士 決勝


チーム・インパルは念願のチームタイトルを獲得した(Photo:K.Takeshita)

8月31日、富士スピードウェイで行われたフォーミュラ・ニッポン第7戦は、目ま
ぐるしく変わるコンディションで半数がリタイアするという波乱のレースとなった
が、予選2位スタートの#20トレルイエが、チ-ムメイト#19本山の追撃をかろうじ
てかわして初優勝を飾った。

スタートが近づくにつれ空は暗くなり、スタートからまもなくして雨が落ちだす。
雨は降り続くわけではなく、何度かコースの一部を濡らすという気まぐれさを見せ
た。
優勝した#20トレルイエも序盤#19本山にトップを奪われた後にこの雨に足をすくわ
れコースオフするシーンも見られた。その後、20周すぎには、トップを守っていた
#19本山も降りだした雨でペースダウン。#7金石、#2ロッテラーに先行を許してし
まった。しかし、#7金石はトップに立った直後に100Rでクラッシュ。#2ロッテラー
はピット作業で右リアタイヤの交換に手間取り自滅してしまった。

トップグループがピット作業を終えた30周過ぎにも、再び雨が降りだし、Aコーナ
ーで#1小暮がコースアウト、#12井出がクラッシュしたため、セーフティカーラン
となった。これが解除された後は、#20トレルイエ、#19本山のオーダーとなり、こ
の2人が後続を大きく引き離してレースをリードすることになった。

残り15周となってからは、#19本山がベストラップを更新しながら#20トレルイエと
の差を僅かずつ削り取っていき、46周目2.3秒あった差が、50周目には1.9秒、56周
目には1.1秒、そして、残り1周では0.5秒まで迫った。
しかし、追い上げもここまで。難しいコンディションの中、冷静なレース運びをし
たチーム・インパルのドライバーがワンツーフィニッシュを飾った。

この結果、条件次第で決まるはずだった本山のチャンピオンは次戦以降におあずけ
となったが、チ-ム・インパルは3戦を残してチームタイトルを手にすることにな
った。

2003年8月31日 富士スピードウェイ(静岡県) 決勝 天候:曇り時々小雨/コース:ドライ&ウェット
P.-No.Driver-----------Team-------------------Car------------Lap-GoalTime----
 1 20 B.トレルイエ     IMPUL                  Lola B351/無限  61 1:28'29.144
 2 19 本山  哲         IMPUL                  Lola B351/無限  61 -     0.271
 3  2 A.ロッテラー     PIAA NAKAJIMA          Lola B351/無限  61 -    24.368
 4  6 J.コートニー     5ZIGEN                 Lola B351/無限  61 -    27.761
 5 11 松田次生         COSMO OIL CERUMO       Lola B351/無限  61 -    32.473
 6  8 土屋武士         Forum eng.ARTA LeMans  Lola B351/無限  61 -    32.950
 7  4 D.シュワガー     Olympic KONDO          Lola B351/無限  61 -    49.874
 8 10 五十嵐勇大       NOVA                   Lola B351/無限  60 -    1 Lap
 9 41 服部尚貴         DoCoMo DANDELION       Lola B351/無限  60 -    1 Lap
-----------------------以上完走----------------------------------------------
    5 道上  龍         5ZIGEN                 Lola B351/無限  38 -   23 Laps
   12 井出有治         COSMO OIL CERUMO       Lola B351/無限  33 -   28 Laps
    1 小暮卓史         PIAA NAKAJIMA          Lola B351/無限  32 -   29 Laps
    7 金石年弘         Forum eng.ARTA LeMans  Lola B351/無限  25 -   36 Laps
    3 立川祐路         Olympic KONDO          Lola B351/無限  23 -   38 Laps
   22 脇阪寿一         TEAM 22                Lola B351/無限  18 -   43 Laps
   28 野田英樹         CARROZZERIA MOHN       Lola B351/無限  16 -   45 Laps
   40 R.ライアン       DoCoMo DANDELION       Lola B351/無限  14 -   47 Laps
    9 黒澤治樹         PLANEX EBBRO NOVA      Lola B351/無限  14 -   47 Laps
-----------------------------------------------------------------------------
Fastest Lap #19 本山  哲    1'19.537   58/61Laps  199.153km/h

◆富士スピードウェイ http://www.fujispeedway.co.jp/



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース