Archives

  • [—]2020 (85)
  • [+]2019 (579)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (250)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

Formula Nippon

Fニッポン 第7戦 富士 優勝記者会見


表彰台もチーム・インパル色に染まった(Photo:K.Takeshita)

トレルイエ
本当に大変なレースだった。序盤フロントがロックしてしまうという現象が起きて、
ピットインのときに調整をしたがあまり改善はされなかった。終盤の本山の追撃は
きつかった。でも、あと1周あると勘違いしていたらチェッカーが見えたのでほっ
とした。表彰台でのフランス国歌は格別だった。日本一速い本山に勝つことができ
たし、チームタイトルも決まってほんとに嬉しい。

本山 哲
スタートはイン側が濡れていて出遅れてしまった。気まぐれな雨でレースを組み立
てることができなかった。ただ、ピットインのタイミングは悪かったかな。
レース中はコース上に留まることに必死で、何度もレインタイヤに換えようと思っ
た。でも、場所によって雨の状況が違っていたので思いとどまった。本当に難しい
レースだった。

ロッテラー
予選7位から表彰台に立つことができて嬉しい。結果には満足している。
ピットインでのロスはあったが、その後セーフティーカーが入ったことで大きく遅
れずに済んだのはラッキーだった。その後もコースオフしたりしたので、3位は上
出来だ。

星野監督
お客さんにいいレースを見せることができて良かった。この難しいコンディション
の中表彰台に立った3人は本当のプロだ。雨が降ってもスリックのまま行こうとい
ったのは僕の判断。通り雨だと思ったからね。空見て、タイム見て、辛抱すべきと
思った。ドライバーには感謝しているよ。


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース