Archives

  • [—]2020 (102)
  • [+]2019 (579)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (250)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

全日本GT選手権

NISMOモータースポーツニュースフラッシュ(JGTC第1戦予選)


(C)NISMO

全日本GT選手権シリーズ(JGTC)第1戦
GT CHAMPIONSHIP in TI 公式予選
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
■開催月日:4月13日(土)
■開催場所:TIサーキット英田
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

■#22ザナヴィ ニスモGT-Rが予選5位
  #23カストロール ピットワークGT-Rは12位

<公式予選1回目:10:00~11:18 Fine / Dry>
本年のJGTC開幕戦。「GT CHAMPIONSHIP in TI」のレースウィークエンドが始まっ
た。開幕戦の予選をスタートしたのは、GT500が18台、GT300が25台の
合計43台。ニスモからは、本山哲、ミハエル・クルム組の#22「ザナヴィ ニ
スモGT-R」、影山正美、エリック・コマス組の#23「カストロール ピットワー
クGT-R」の2台がエントリーしている。新カラーリングとなった2台のニスモGT-R
は、相次いでコースイン。#22は、本年再びニスモチームに戻った本山哲がタイ
ムアタックを担当。#23はエリック・コマスがアタッカーとなった。

本山は、予選開始早々からアタックを開始。早々と1’25”705のタイムを
出して1回目の予選5番手となった。#22はソフトタイヤでのアタックであった
が、ハードタイヤをチョイスした#23は、コマスの1’26”211がベストタ
イムとなった。

<公式予選2回目:15:00~16:00 Fine / Dry>
1回目の予選終了後、晴天に。気温もあがり、決勝レースを想定したシミュレー
ションにはうってつけのコンディションとなった。
GT300との混走から予選2回目は始まった。#22ザナヴィ ニスモGT-Rは、午
前の予選でタイムアタック用のタイヤを使いきっており、決勝レースのためのセッ
トアップにフォーカスした走行となった。混走時間帯は、本山哲がひとりでセッ
ティングを行った。一方、#23カストロール ピットワークGT-Rも影山正美がセッ
ティング走行を担当。20分の混走走行時間をひとりで走行した。

GT500の占有時間は、気温が高く、タイムアタックには不向きであった。ニスモ
の2台は、混走時間同様に、セットアップ走行に専念。終了間際に#23は予選タ
イヤに交換しエリック・コマスがコースインしたが、予選1回目のタイムを更新す
ることはできなかった。また、#22も終盤に本山からミハエル・クルムに交代し、
セッティング確認を行なった。

■本山哲
「セットアップも順調です。タイムアタックもうまくいったし、全て思惑通りです
ね。明日の天気がどうなるかによっては、この状態は微妙なものになってしまうけ
ど、うまくはまってくれれば良いと思います」

■ミハエル・クルム
「レースのコンディションを予測してこのタイヤ(ソフト)を選んだけど、ここまで
は非常に順調。今年はサトシ(本山)と交互にタイムアタックしようということにし
ているが、二人とも同じタイムで走れるから、どっちが運転しても一緒だね。次の
富士は僕も好きなコースなのでタイムアタックするつもり」

■影山正美
「コンスタントに走行できる状態にクルマをセットアップしてきたけど、もう少し
かな。でももちろん、徐々に良くなっている。明日朝には、ベストマッチングに持
っていけると思う。エリックに交代する前、ヘアピンで減速しきれずに#3シルビア
にぶつけてしまいました。ごめんなさい」

■エリック・コマス
「ハードタイヤで、しかもフルタンクだったのでタイムアップは望んでなかった。
明日は天気しだいだけど、タイヤはライフも長いので、40ラップはグリップを失
わずに走れるだろう。たとえ気温が予測どおりに上がらなかったとしても、6位以
内で後半につなげたいね」

■川口エンジン・エンジニア(オーテックジャパン)
「今日の午後は、テストを通じて最も気温が高かったので、これは他車も同じでし
ょうが、エンジンには厳しい条件です。明日も気温でエンジンセットを決めなけれ
ばならないので、できればこれまでに経験したことのある条件だと良いなと思いま
す。また、これからチームから燃費に関する要求が来ますので、それを反映した上
で明日のフリー走行で最終的なセットを決定します」

■ニスモチーム小河原監督
「今日は、思ったより良かったですね。#22は条件のよかった午前のセッション
でタイヤを2セット使ったことが功を奏したと思います。#23はレースでのアド
バンテージを考えて、ハードタイヤを選んでいますが、クルマのバランスは良いの
で、レースでは上位にいけると考えています」

影山正美が起こした接触事故は、ペナルティとしてカウントされ、ベストタイム、
セカンドベストタイムが抹消処分。ペナルティポイント0.5ポイントが課せられ
ることとなった。

(予選結果は省略させていただきました)

上記の詳細情報は「NISMO official web site」をご覧下さい。
http://www.nismo.co.jp/M_SPORTS/contents.html



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース