Archives

  • [—]2020 (93)
  • [+]2019 (579)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (250)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

全日本GT選手権

JGTC第1戦TI英田予選 ホンダリリース

2002 AUTOBACS 全日本GT選手権シリーズ開幕戦 "GT CHAMPIONSHIP in TI"

<予選日>
     JGTC開幕戦、Honda NSXが予選1-2-3位を独占!
        5年連続開幕戦ポールポジション獲得!

■開催日	:2002年4月12日(金)~14日(日)
■開催地	:TIサーキット英田(岡山県)<全長3,703m>
■決勝レース	:82周(約303.646km)
■天 候 	:晴れ
■気 温	:18.0℃(15:00現在)
■コースコンディション	:ドライ

 4月13日(土)、岡山県・TIサーキット英田において2002年全日本GT選
手権シリーズ(JGTC)開幕戦「GT CHAMPIONSHIP in TI」の予選が行われ、14日
(日)決勝のスターティンググリッドが確定した。(予選参加台数43台)

 今シーズンから新型となったHonda NSX勢はGT500クラスにおいて松田次生/
ラルフ・ファーマン組(Mobil 1 NSX)がコースレコードタイムとなる1分25秒
111を記録し、ポールポジションを獲得。続く予選2番手にセバスチャン・フィ
リップ/リチャード・ライアン組(TAKATA 童夢 NSX)、先日のフォーミュラ・ニッ
ポンにて負傷し、今回のレースを欠場した道上龍選手に代わり、ドミニク・シュワ
ガー選手が出場した伊藤大輔/ドミニク・シュワガー組(無限 NSX)が予選3番手
につけ、Honda NSXが予選1-2-3位を独占する結果となった。

 JGTCの開幕戦は、全車ウェイトハンデが無いというイコールコンディションでの
戦いであり、その中でHonda NSXは1998年から5年連続開幕戦ポールポジション
獲得を達成する快挙を成し遂げている。

 土屋圭市/金石勝智組(ARTA NSX)は予選9番手、加藤寛規/光貞秀俊組(RAYBRIG
 NSX)は予選11番手グリッドから決勝レースをスタートすることとなった。

 決勝レース<82周(約303.646km)>は4月14日(日)午後2時にスタ
ートする。

●Honda NSX出場チームと予選結果
No.マシン名 エントラント名         監 督
   ドライバー	           順位 タイム
16 無限 NSX 無限×童夢プロジェクト 熊倉 淳一
   伊藤 大輔  D.シュワガー 3位 1分25秒601
18 TAKATA 童夢 NSX
   S.フィリップ R.ライアン 2位 1分25秒382
 8 ARTA NSX AUTOBACS RACINGTEAM AGURI 鈴木亜久里
   土屋 圭市 金石 勝智     9位 1分26秒086
64 Mobil 1 NSX	 Mobil 1 Nakajima Racing 中嶋 悟
   松田 次生 R.ファーマン  P.P 1分25秒111
100 RAYBRIG NSX  チーム国光with MOONCRAFT 高橋 国光
   加藤 寛規 光貞 秀俊   11位 1分26秒137
※タイヤ=全車ブリヂストン 

予選1位(1分25秒111) #64 Mobil 1 NSX
○中嶋 悟(Satoru Nakajima)Mobil 1 Nakajima Racing 総監督
チーム、マシンともテストから調子が良く、順調に進んできています。
このサーキットとNSXの相性も良く、特にファーマン選手がピッタリ決まっていま
した。この調子を明日の決勝でも続けていきたいですね。レースは、全車イコー
ルコンディションなのでスタートから飛び出してレースをリードしていく展開を
望んでいます。決勝が楽しみですね。

○松田 次生(Tsugio Matsuda)選手
今年から新しい車になってダウンフォースが向上しラップタイムが良くなりまし
た。また、エンジン、ブレーキとも良くなり車自体のポテンシャルも上がりまし
た。ファーマン選手とはフォーミュラ・ニッポンでもチームメイトでありセッティ
ングの方向性も似ているので、コンビネーションについては問題ないですね。明
日の決勝で完走すれば、結果はついてくると思います。

○ラルフ・ファーマン(Ralph Firman)選手
テスト走行の段階からクルマの状態は良かった。ボクにとってJGTC初のポールポ
ジションを獲れたことは、とても嬉しいです。これはチームがいい仕事をしてく
れたことと、チームメイトの松田選手が頑張ってくれたおかげです。
また、このサーキットはNSXにとって有利でありそれもプラスになりました。明日
の決勝では、ぜひとも初優勝を飾りたい。

(予選結果は省略させていただきました)

Honda Racing





トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース