Archives

  • [—]2020 (99)
  • [+]2019 (579)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (250)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

全日本GT選手権

JGTC第1戦 GT CHAMPIONSHIP in TI 決勝


独走で開幕戦を制したMobil 1 NSX(Photo:K.Takeshita)


        Mobil 1 NSXが他を寄せつけず圧勝
          GT300もARTA MR-Sが完勝

 5万1,000人ものファンを集めたJGTC開幕戦。午後2時のスタート時は、日差しも
強く気温も25℃近くまで上がった。

 大きなアクシデントも起きずにきれいなスタートで始まった82周レースは、レー
スウィークのテスト走行からトップタイムをマークしていたラルフ・ファーマンの
#64Mobil 1 NSXが、1周目から後続を引き離す走行。ファーマンは1周につき約1秒
ずつリードを増やし7周目には6秒6、周回遅れが出てきてからも13周目には10秒2、
28周目には23秒1と独走状態を築いた。2番手はセバスチャン・フィリップの#18
TAKATA童夢NSX、3番手は伊藤大輔の#16無限NSX、4番手は荒聖治の#25FK/マッシモ
スープラと予選順位そのままで進んだが、その中で順位を上げてきたのが予選6位
の#39デンソーサードスープラだった。ジェレミー・デュフォアがドライブする
#39スープラは、5周目に5番手、15周目に4番手、34周目には3番手、40周目には2
番手、そしてトップの#64NSXがピットインすると、堂々トップまでポジションアッ
プ。アドバンタイヤの好調さを見せつけた。

 いっぽうGT300でも、昨年の開幕戦で優勝しているポールシッター、新田守男の
#31ARTAアペックスMR-Sが、1周目で後続を1秒引き離して独走状態に。福山英朗の
#24Endlessポルシェ、山野哲也の#3ユニシアジェックスシルビア、Guts城内の#71
シグマMR-Sという予選順位のまま隊列が続いた。GT300で快速を披露したのは、昨
年のチャンピオンである#81ダイシンシルビアの青木孝行。スタートは5番手なが
ら、5周目には4番手、10周目には3番手、そして2番手の#24ポルシェに追いつくと
テールtoノーズのバトルを繰り広げ観客席を沸かせた。前の2台がピットインした
38周目にはトップに立ち、ピット作業を終わってからも2番手でコース復帰した。

 後半も#64NSXの松田次生がマージンをキープして走行。コースには周回遅れの
車両も随所にあり、さらに路面も荒れているために容易に差は詰められない。そ
のまま大量リードを守り、ポールtoフィニッシュを遂げた。

 終盤、#18NSXのリチャード・ライアンが#39スープラの織戸学を激しくチャージし
て2番手へ上がりゴール。またディフェンディングチャンピオンの#1auスープラが
後半、立川祐路のドライブでポジションアップ。表彰台にはわずかに届かなかっ
たが、次戦でウエイトハンディを搭載しないですむ4位となった。なお01改モデル
で苦戦が予想されたニッサン勢だが、GT-Rが3台とも完走しながらもノーポイント
と振るわなかった。

 GT300は#31MR-Sの高木真一がトップをキープしたまま、2年連続でクラス優勝。
また#24ポルシェの木下みつひろが、#81シルビアの大八木を難なくかわして2位へ
浮上。昨年初優勝を逃している#3シルビアの柳田真孝が、終盤に追い上げを見せ
て4位浮上。3位目前まで追い上げたが、そのままでチェッカーとなった。

 また今回デビュー戦となった4ドアの新型インプレッサは、2週間前にシェイク
ダウンしたばかりのマシンで7位でゴール。富士やSUGOでの活躍ができそうだ。
加えてJGTC初登場の新型BMW M3だが、#21BMWが16位、#15BMWはリタイアだった。

Report:K.Minakoshi

2002年4月14日 TIサーキット英田(岡山県) 決勝 天候:晴れ/コース:ドライ

-P.-No.Cls-Car(Drivers)--------------------------------------Lap-GoalTime---
 1  64 500 Mobil 1 NSX                    松田/ファーマン     82 2:04'24.933
 2* 18 500 TAKATA童夢NSX                  フィリップ/ライアン 82 -    28.398
 3  39 500 デンソーサードスープラGT       デュフォア/織戸     82 -    29.529
 4   1 500 auセルモスープラ               竹内/立川           82 -    29.813
 5  16 500 無限NSX                        シュワガー/伊藤     82 -  1'12.062
 6  25 500 FK/マッシモADVANスープラ       山路/荒             82 -  1'19.047
 7   8 500 ARTA NSX                       土屋/金石           82 -  1'19.911
 8  36 500 トクホン トムス スープラ       土屋/ガードナー     82 -  1'20.394
 9 100 500 RAYBRIG NSX                    加藤/光貞           82 -  1'22.824
10   6 500 エッソウルトラフロースープラ   脇阪/飯田           81 -    1 Lap
11  22 500 ザナヴィニスモGT-R             本山/クルム         81 -    1 Lap
12  23 500 カストロールピットワークGT-R   影山/コマス         81 -    1 Lap
13  76 500 イエローコーンマクラーレンGTR  服部/田嶋           81 -    1 Lap
14  12 500 カルソニックスカイライン       星野/田中           80 -    2 Laps
15  33 500 United UKYO SUPRA              片山/近藤           79 -    3 Laps
16  30 500 綜警McLaren                    岡田/黒澤           78 -    4 Laps
17  31 300 ARTAアペックスMR-S             新田/高木           77 -    5 Laps
18* 35 500 プロジェクトμエスペリアSUPRA   影山/脇阪           77 -    5 Laps
19  24 300 EndlassタイサンアドバンGT3R    福山/木下           76 -    6 Laps
20  81 300 ダイシンADVANシルビア          大八木/青木         76 -    6 Laps
21   3 300 ユニシアジェックスシルビア     山野/柳田           76 -    6 Laps
22  26 300 PLUS e タイサンアドバンGT3R    余郷/西澤           76 -    6 Laps
23   7 300 雨宮マツモトキヨシアスパラRX7  松本/谷口           76 -    6 Laps
24  77 300 クスコスバルインプレッサ       小林/谷川           76 -    6 Laps
25 910 300 910ロデオドライブアドバンGT3R  松田/ウィルコック   76 -    6 Laps
26   2 300 ベルノ東海ARドリーム28NSX      高橋/渡辺           75 -    7 Laps
27  55 300 イクリプスタイサンADバイパー  山田/清水           75 -    7 Laps
28  28 300 MY&CタイサンADVAN GT3R         羽根/山岸           74 -    8 Laps
29  17 300 Kosei SPIRIT MR-S              松永/滑川           74 -    8 Laps
30 360 300 ダンテール・フェラーリ         西澤/佐々木         74 -    8 Laps
31  71 300 シグマMR-S                     城内/澤             73 -    9 Laps
32 911 300 PCJケルンテンBORO GT3R         平川/橋村           73 -    9 Laps
33  21 300 ダンロップ BMW M3              一ツ山/菊地         72 -   10 Laps
34  63 300 レイジュンR&DダンロップGT3R    OSAMU/中川          72 -   10 Laps
35  19 300 ウェッズスポーツMR-S           田中/後藤           67 -   15 Laps
36  86 300 プロジェクトμ・クラフト・MRS   長島/松田           67 -   15 Laps
37  61 300 Asports R&DダンロップGT3R      須賀/宮川           66 -   16 Laps
-----------以上完走---------------------------------------------------------
    37 500 ZENT トムス スープラ           黒澤/モンティン     43 -   39 Laps
    62 300 R&DスポーツダンロップGT3R      柴原/密山           42 -   40 Laps
    15 300 AMPREX BMW M3GT        橋本/クワン         39 -   43 Laps
    70 300 外車の外国屋ダンロップポルシェ 石橋/バンスクート   11 -   71 Laps
     5 300 BANPRESTO CAR倶楽部マッハ号MT  玉中/桧井            1 -   81 Laps
----------------------------------------------------------------------------
Fastest Lap #64 Mobil 1 NSX(R.ファーマン) 1'26.659   3/41 153.831km/h

* #18のR.ライアン選手は、2002年全日本GT選手権統一規則第30条1.1)Cにより、ペナ
 ルティポイント0.5点を課した。
* #35の脇阪薫一選手は、黄旗区間での追い越し、及び2002年全日本GT選手権統一規則
 第31条違反により、決勝結果の所要時間に1分を加算した。




トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース