Archives

  • [—]2020 (93)
  • [+]2019 (579)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (250)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

全日本GT選手権

JGTC第1戦TI英田決勝 ホンダリリース


(C)Honda

2002 AUTOBACS 全日本GT選手権シリーズ開幕戦 "GT CHAMPIONSHIP in TI"

<決勝>

      Honda NSX、1-2フィニッシュで開幕戦を制す!
  Mobil 1 NSX(松田/ファーマン組)がポール・トゥ・フィニッシュ

■開催日	:2002年4月13日(土)~14日(日)
■開催地	:TIサーキット英田(岡山県)<全長3,703m>
■決勝レース	:82周(約303.646km)
■天 候 	:晴れ
■気 温	:22.0℃(14:00現在)
■コースコンディション	:ドライ
■観客数	:51,000人(主催者発表)

4月14日(日)、岡山県・TIサーキット英田において2002年全日本GT選手権
シリーズ(JGTC)開幕戦「GT CHAMPIONSHIP in TI」の決勝レースが行われ、今シー
ズンから新型となったHonda NSXがGT500クラスにおいて1-2フィニッシュを
果たした。

優勝はポールポジションからスタートした松田次生/ラルフ・ファーマン 組(Mobil
1 NSX)。スタートから最後までトップの座を明け渡さず、2位に28秒もの大差を
つけチェッカーを受けた。これによりHonda NSXは昨年に続き、2年連続開幕戦を制
覇した。

また、予選2番手からスタートしたセバスチャン・フィリップ/リチャード・ライア
ン 組(TAKATA 童夢 NSX)は、ピットインのタイミングで一時は3番手へ後退するも
のの、67周目に2番手の座を取り返し、2位表彰台を獲得した。

先日のフォーミュラ・ニッポンにて負傷し、今回のレースを欠場した道上龍選手に
代わり、ドミニク・シュワガー選手が出場した伊藤大輔/ドミニク・シュワガー 組
(無限 NSX)は、ピットイン時のドライバー交代で時間をロスしたことが影響して
5位。土屋圭市/金石勝智 組(ARTA NSX)は7位。加藤寛規/光貞秀俊 組(RAYBRIG
 NSX)は9位でレースを終え、Honda NSXは全車完走し、全チームがポイントを獲得
した。

●Honda NSX出場チームと戦績
No.  マシン名  エントラント名  監 督
     ドライバー  予選 決勝
 16 無限 NSX    無限×童夢プロジェクト	熊倉 淳一
    伊藤大輔 D.シュワガー     3位   5位
 18 TAKATA 童夢 NSX
    S.フィリップ R.ライアン   2位   2位
  8 ARTA NSX  AUTOBACS RACINGTEAM AGURI 鈴木亜久里
    土屋圭市 金石勝智         9位   7位
 64 Mobil 1 NSX  Mobil 1 Nakajima Racing 中嶋 悟
    松田次生 R.ファーマン     P.P   優勝
100 RAYBRIG NSX  チーム国光with MOONCRAFT 高橋 国光
    加藤寛規 光貞秀俊        11位   9位
※タイヤ=全車ブリヂストン 

優勝 #64 Mobil 1 NSX
○中嶋 悟(Satoru Nakajima)Mobil 1 Nakajima Racing 総監督
開幕戦でパーフェクトのレースができましたので本当に嬉しく思います。この勝利
は、クルマ、ドライバー、チームのバランスが良かったからです。開幕戦は全車ハ
ンディキャップの無いレースなので、真の実力が発揮されました。ここで、クルマ
の速さはもちろんですが、二人のドライバーがそれぞれの役割を見事に果たしてく
れました。
ファーマン選手は好スタートを切り、ライバルとの差を広げながらタイヤの消耗を
最小限に抑えてくれました。続く松田選手は交代してからしっかりと守りの走りを
してくれました。このドライバーの順番は正解でしたね。この勝利でこれからのシ
ーズンの計画を立て易くなりました。
今後は、自分たちのレースを貫き通して戦っていきたいと思いますので応援を宜し
くお願いします。

○松田 次生(Tsugio Matsuda)選手
ファーマン選手から引き継いだリードを保つことができたのでよかった。久しぶり
のJGTCのレースであり、優勝すれば昨年の第5戦もてぎ以来ということもあり多少
の緊張もありました。
次回の第2戦富士は500kmの長丁場のレースであり、Mobil 1 NSXに70kgのハン
ディウエイトが課せられるので完走してポイントを狙うレースをしたいと思います。
 
○ラルフ・ファーマン(Ralph Firman)選手
JGTC初レースで初優勝を飾れてとても嬉しい。チームスタッフもいい仕事をしてく
れた。スタートで2番手以下をすぐに引き離せたのが大きなポイントだった。ここ
のコースはHonda NSXにとって有利といわれているが、それを活かすことができた。
次も上位を目指して頑張りたい。自分にとってフォーミュラ・ニッポン、JGTCとも
に完璧な形でスタートが切れているので、今年はいいシーズンになると思う。

○永長 真(Shin Nagaosa)NSX-GT開発プロジェクトリーダー
オフシーズンの間、Honda NSXの空力、エンジン、車体、タイヤと全ての面におい
て、02年仕様の開発に全力を注いできました。その開発の方向性が正しかったこ
とが、今日のレース結果で証明されたことを大変嬉しく思います。
また、今シーズンから初めてNSXをドライブするR.ライアン選手とR.ファーマン選
手の二人が、ラップタイム、レース展開ともに素晴らしい結果を残してくれたこと
は、NSXのチャンピオン奪取にとって心強いものとなりました。
ただ、今年はマレーシア・セパンサーキットでのレースが選手権に組み入れられ、
全8戦の長い戦いとなります。今日の結果に満足することなく、さらに開発を進め
ていきたいと思いますので、これからもご支援、ご協力を宜しくお願いします。

(決勝結果は省略させていただきました)

Honda Racing



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース