Archives

  • [—]2020 (102)
  • [+]2019 (579)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (250)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

全日本GT選手権

NISMOモータースポーツニュースフラッシュ(JGTC第1戦決勝)


(C)NISMO

全日本GT選手権シリーズ(JGTC)第1戦 
GT CHAMPIONSHIP in TI 決勝
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
■開催月日:4月14日(日)
■開催場所:TIサーキット英田
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

■#22ザナヴィ ニスモGT-R 11位
  #23カストロール ピットワークGT-R 12位

<決勝 14:00 Start - Fine / Dry>
決勝は朝の霧も晴れ、気温はグングン上がった。スタートドライバーは#12GT-R
が星野、#22GT-Rがクルム、#23GT-Rがコマス、#3シルビアが山野、#81シル
ビアは青木。スタートは大きな混乱もなく、ほぼ予選どおりの順位で周回。トップ
の#64NSXが序盤から飛ばして他を引き離していく。

#22GT-Rのクルムは、6台による6位グループの先頭を守りスリリングなバトル
を演じたが、36周でピットインし本山に交代する。この際エアジャッキにトラブ
ルが発生し、約8秒のロスを喫してしまう。
#12GT-Rは33周でピットインして田中に交代。コマスの周回を長めにした#23
GT-Rは、総合3位までポジションを上げるが47周でピットインして影山に。

一方GT300では#81シルビアの青木が11周目のヘアピンで#3シルビアの山野
をかわしてクラス3位に。さらにトップの#31MR-Sと2番手の#24ポルシェがピッ
トインするとクラストップに躍り出た。37周で#3シルビアが、45周で#81シ
ルビアがピットイン。ドライバーはそれぞれ柳田、大八木に交代する。

ピットインが落ち着くと各車の順位は#22GT-Rが10位、#23GT-Rが12位、
#12GT-Rが15位。またGT300では#81シルビアが2位、#3シルビアが5位
に。後半は路面も荒れ、周回遅れも絡んできたこともあり、#22GT-Rは11位、
#23GT-Rは12位、そして#12GT-Rは14位でチェッカー。GT300は#81シ
ルビアが3位、#3シルビアが4位でゴールした。

■本山哲
「この週末は思い通りにクルマを仕上げてきたが、決勝レースだけ予測が外れたと
いう感じです。でも、土曜日の予選では速さも見せることができたし、次の富士は
ニスモが得意といているコースだから、気を取り直して巻き返しに集中したいです」

■影山正美
「僕の担当した後半は、クルマのバランスが変わったわけでなく、1’31”台で
は周回できる状態でしたが、黄旗コーションやGT300にひっかかって思うように
展開できなかったというのが正直なところです」

■田中哲也
「厳しいレースになってしまった。SUGOのテストと富士のレースウィークで全力を
尽くして改善していかないといけないでしょう」

■山野哲也
「ブレーキのバランスが悪くなりアンダーステアが強くなったこともあってペース
が上げられませんでした。次はクルマも良くなるらしいので、表彰台を目指します」

■大八木信行
「3位というポジションは次のレースでもそれほど重くならないし、ポイントも稼
げたので上々ですね。テストも十分にできなかったのに結果が良かった。次は500
kmなので作戦を練って頑張ります」

■ニスモチーム小河原監督
「気温がこれほど上がるとは予測していませんでした。設定した条件を大きく超え
るコンディションだったので、タイヤがマッチしなかったということです。次の富
士は500kmのロングレースだし、コースは得意なので、何とか良いところを見せ
られるように頑張ります」


(決勝結果は省略させていただきました)

上記の詳細情報は「NISMO official web site」をご覧下さい。
http://www.nismo.co.jp/M_SPORTS/contents.html



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース