Archives

  • [—]2020 (102)
  • [+]2019 (579)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (250)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

スーパー耐久

スーパー耐久第2戦仙台/NISMOモータースポーツニュースフラッシュ


(C)NISMO

スーパー耐久シリーズ第2戦
ハイランド・スーパー耐久レース
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
■開催月日:2002年4月27日-28日
■開催場所:仙台ハイランド
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

■エンドレスアドバンGT-Rが逆転優勝。
   クラス3のアイエーテックシルビアはクラス5位完走で
   シリーズランキング首位をキープ。

【予選】
S耐のシリーズ第2戦は仙台ハイランド。今大会には開幕戦と同じくクラス1に3台
のスカイラインGT-Rとクラス3に1台のシルビアが参加。全クラス合計では38台の
エントリーを集め、フルグリッドの32台に対し按分比例によりクラス3からも1台
の予選落ちが発生する状況となった。

26日午前11時からのフリー走行では#3エンドレスアドバンGTRが1分52秒083を記
録し、1分53秒063どまりの#1ファルケン☆GT-Rに対してタイヤのアドバンテージ
を感じさせた。午後2時からの公式予選でも早々とピットエンドにマシンをつけ、
早期にクリアラップを獲る作戦に出た#3GT-Rだったが、木下みつひろはタイヤが
温まりきらず、アタック1ラップ目のベストは1分52秒262。これがターゲットタイ
ムとなった。

その様子を確認してコースインした#1GT‐Rの田中哲也は、アタック1周目で1分51
秒802という昨年PPを獲得した際の1分53秒868を実に2秒縮める驚異的なタイムを記
録、#1GT-Rの2戦連続PPが決定した。もう一台のGT-R、#19JMCダンロップGT-R・
EDは練習走行時からセッティングが煮詰まらず苦戦してクラス3番手、クラス3の#
48アイエーテックシルビアは練習走行時からトランスミッション、ディファレン
シャルに続きエンジンが吹けないトラブルに見舞われたが、無事クラス6位で予選
通過を果たした。

■正式予選結果
Pos.--Cls  Machine  Driver
1.--1  FALKEN☆GT-R(日産スカイラインGT-R/BNR34)
         竹内 浩典・田中 哲也
2.--1  エンドレスアドバンGT-R(日産スカイラインGT-R/BNR34)
         木下みつひろ・青木 孝行
3.--2  三菱PUMAランサ-EVO VII(三菱ランサーエボ VII/GH-CT9A)
         中谷 明彦・木下 隆之
4.--1  JMCダンロップGTR・ED(日産スカイラインGT-R/BNR34)
         輿水 敏明・吉富  章
5.--3  FORTUNE科芸専RX-7(マツダRX7/E-FD3S)
        大井 貴之・山下 潤一郎
6.--2  RSオガワADVANランサー(三菱ランサーエボ VI/CT9A)
         小川日出生・福山 英朗・伊藤 勝一
7.--2  アイフェルダンロップインプレッサ(スバルインプレッサ/GH-GDB)
         吉田 寿博・清水 和夫

【決勝】100LAP
PPの#1GT‐Rの田中哲也、#3GT-Rの木下みつひろの順にスタートを切るが、#3
GT-Rのペースは速く、8周目に#1GT-Rを捕らえトップに。2台のGT-Rは他車を引き
離しながらハイペースでトップ争いを展開した。
26ラップ目に首位の#3GT-Rが4秒あまりのマージンを持って予定どおりの早めの
ピット作業を行い青木孝行に交代。これで再びトップの座に戻った#1GT-Rは42周
まで引っ張って竹内浩典に代わり、この時点で再び#3GT-Rが約40秒差で首位に
立った。

1分57秒~58秒台の安定したペースで逃げる青木を1分55秒~56秒台で竹内が追う。
青木は63周目に26秒の差をつけて再び木下に交代し、その際タイヤも再び4輪とも
交換するが、83周目に2回目のピットに向かった#1GT-Rはドライバーを交代せず
竹内のまま、タイヤも無交換で送り出す。トップでコースに戻った#1GT-Rの竹内
だったが、見る見る間に#3GT-Rの木下が追いつき、84周目に両者は逆転。今度は
#1GT-Rの竹内が#3GT-Rの木下に追いすがるが、木下は後ろとの距離を見ながらの
息が詰まるような走行を続ける。

そんな中、終盤94周目にシケイン先でストップした車両を排除するためセーフティ
カー導入に。ここで#1GT-Rはタイヤを交換して#3GT-Rをプッシュする賭けに出
た。竹内はセーフティカー解除の混雑の中でまるで予選アタックのような鬼気迫
る走りを見せスタンドを沸かせるが、隊列の最後尾から2番手にポジションを上げ
るのがやっと。結局9.186秒差で#3GT-Rが優勝を果たした。#1GT-Rは2位入賞でシ
リーズランキングは首位をキープ。#19GT-Rは総合5番手を走行中、55周目のシケ
インでブレーキトラブルによりコースアウトして戦列を去った。

また、クラス3の#48シルビアはエンジン不調の症状が完治しないまま苦しい走行
となったが、マイペースを保ってクラス5番手で完走。シリーズランキング首位の
座を守ることに成功した。

■木下みつひろ選手
「終盤にセーフティカーが入っても抑えきれる自信はありました。開幕戦を落とし
ていたので勝てて良かったですね」
■青木孝行選手
「最後はピットでモニターを見ながらもうドキドキで、運転している方がいいです
よ(笑)。この勢いで鈴鹿も取りたいです」

■正式決勝結果
Pos.--Cls--Cls Pos.  Machine  Driver  Race Time(Lap)
1.--1--1  エンドレスアドバンGT-R(日産スカイラインGT-R/BNR34)
          木下 みつひろ・青木 孝行  3:21'22.503(100)
2.--1--2  FALKEN☆GT-R(日産スカイラインGT-R/BNR34)
          竹内 浩典・田中 哲也  3:21'31.689(100)
3.--2--1  三菱PUMAランサ-EVO VII(三菱ランサーエボ VII/GH-CT9A)
          中谷 明彦・木下 隆之  3:21'39.559(99)
4.--2--2  RSオガワADVANランサー(三菱ランサーエボ VI/CT9A)
          小川日出生・福山 英朗・伊藤 勝一  3:21'44.996(99)
5.--N+--1 ADVAN ALTEZZA(トヨタアルテッツァ/SXE10)
          谷口 信輝・織戸 学  3:21'55.615(97)
6.--N+--2 MAZIORA ALTEZZA(トヨタアルテッツァ/SXE10)
          黒澤 琢弥・本吉 正樹  3:22'18.232(97)
7.--N+--3 5ZIGEN INTEGRA(ホンダインテグラ/DC5)
          服部 尚貴・西垣内 正義  3:21'45.822(96)
8.--2--3  RENEWCARアドバンランサー(三菱ランサーエボ VI/CP9A)
          三上 和美・村田 信博  3:22'00.877(96)
9.--3--1  C-WESTアドバンRX7(マツダRX7/FD3S)
          尾本 直史・長島 正明・山田 英二  3:22'04.543(96)
10.--3--2 FORTUNE科芸専RX-7(マツダRX-7/E-FD3S)
          大井 貴之・山下 潤一郎  3:22'04.765(96)

21.--3--5 アイエーテックシルビア(日産シルビア/S15)
          中村 啓・小原 健一・大塚 英一   3:22'16.259(93)

上記の詳細情報は「NISMO official web site」をご覧下さい。
http://www.nismo.co.jp/M_SPORTS/contents.html



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース