Archives

  • [—]2020 (101)
  • [+]2019 (579)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (250)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

スーパー耐久

スーパー耐久第2戦仙台/ラリーアートニュース


         スーパー耐久シリーズ 2002第2戦         
    中谷明彦選手組三菱ランサーが2戦連続ポール・トゥ・ウィン!   
     三菱ランサーエボリューションがクラス2の1~4位を独占!
                          

〈結果〉

■クラス2 *クラス2は完走5台
順位ドライバー 車 両            タイム予選順位
1 中谷明彦  三菱ランサーエボリューション 3時間21分39秒559(99周)
  木下隆之
2 小川日出生 三菱ランサーエボリューション 3時間21分44秒996(99周)
 (CMSC山形)
  福山英朗
  伊藤勝一(CMSC山形)
3 三上和美  三菱ランサーエボリューション 3時間22分00秒877(96周)
  村田信博
4 J.Y.パク三菱ランサーエボリューション 3時間21分41秒883(95周)
  小宮延雄(CMSC山形)
5 大橋正澄  スバル・インプレッサ     3時間21分52秒828(94周)
  貞方邦介 
--------------------------------------

〈開催概要〉
 開催日  4月27日(土)予選・28日(日)決勝
 開催場所 宮城県仙台市「仙台ハイランドレースウェイ」
 周回数  100周(406kmレース)
 参加台数 38台(決勝レース出走 32台、完走25台)
      クラス1(3501cc~)4台
      クラス2(2001~3500cc)4WD8台(三菱ランサー6台)
      クラス3(2001~3500cc)2WD7台
      クラス4(~2000cc)13台     
      グループNプラス・クラス 7台   
      ※スーパー耐久シリーズ・技術規則第8条に従った車両

 観客数  34,340人(決勝当日)
--------------------------------------

 スーパー耐久シリーズ 2002の第2戦「ハイランドスーパー耐久レース」が、
4月27日(土)・28日(日)、宮城県仙台市の「仙台ハイランドレースウェイ」
 (1周4. 063km)で開催された。同大会のクラス2には8台がエントリー。
このうちランサー勢は6台を占めた。
 27日に行われた公式予選は好天のもと気温19℃のドライコンディションで実施。
滑りやすくテクニカルなコースで、駆動系電子制御デバイス(AYC、ACD)によ
る良好な回頭性を生かした三菱ランサーエボリューションVIIの中谷明彦/木下隆
之選手組が大排気量のクラス1勢に食い込む総合3番手タイムでポールポジションを
獲得し、地元CMSC山形の小川日出生選手組が総合6位で続いてランサー・エボV
II勢がクラス2の予選1、2番手を占めた。
 28日も好天に恵まれ、気温21℃まで上がる中でスタートした決勝レースでは中
谷選手組ランサーが序盤からクラストップを快走。30周目にはクラス1車両の1台
をパスして総合3位に上がるなど健闘した。一方、これを追う小川日出生選手組ラン
サーは、33周目に他車との接触により予定より早めのピットインを強いられるが、
中盤のピット作業が一巡したところで中谷選手組に続く総合4番手までポジションを
上げてクラス2位の座を堅持する。結局そのまま走りきった中谷明彦選手組が開幕戦
に続くポール・トゥ・ウィンで2連勝を挙げてシリーズポイントのリードを拡大、小
川日出生選手組も2位に入賞して、三菱ランサー・エボリューションVIIがワン・
ツー・フィニッシュを獲得した。また、3位には今回初出場となる三上和美選手組(
三菱ランサー)、4位にはJ.Y.パク組(三菱ランサー)が続き、クラス2の完走
5台中実に4台を三菱ランサー勢が占める結果となった。
 なお、総合優勝はクラス1の木下みつひろ/青木孝行選手組(日産スカイラインG
T-R)が獲得した。

--------------------------------------

〈シリーズポイント〉
■クラス2
1位 中谷明彦組    (三菱ランサー)    40
2位 小川日出生組   (三菱ランサー)    30
3位 J.Y.パク選手組(三菱ランサー)    18
4位 大野尊久組    (三菱ランサー)    12
5位 三上和美組    (三菱ランサー)    12
6位 吉田寿博組    (スバル・インプレッサ)10
7位 大橋正澄組    (スバル・インプレッサ) 8

--------------------------------------

ラリーアートWeb Site


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース