Archives

  • [—]2020 (101)
  • [+]2019 (579)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (250)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

全日本GT選手権

GTC_Rd2:全日本富士GTレポート

        全日本GT選手権第2戦  全日本富士GTレース

●霧に翻弄された戦いをデンソースープラ(影山/谷川組)が制す

  5月4日、ゴールデンウィークを締めくくる恒例の富士GTは、1か月前にJ
TCCを中止に追いやった富士名物の霧にまたしても悩まされることになった。

  予選上位を独占したスープラ勢をはじめとして、予想を上回る好位置につけた
初参の2台のNSX、そしてやや後方とはなったもの決勝ではしぶとい走りを見
せるスカイラインGTR勢、そしてバラエティに富んだGT300クラスのマシ
ン群。各マシンは、スタート時刻間際に立ち込めた霧が晴れるのグリッド上で待つ
ことになった。

  予定より45分遅れた午後2時30分。ローリングによりスタートが切られた
が、1コーナーの先陣争いで上位グループが接触。これにより#37スープラ(鈴木
利男)がスピン。1コーナー手前で横を向いてストップ。最後尾に落ちる。
  混乱はこれだけでは収まらず、#18NSX(黒澤)、#38スープラ(竹内)が接
触し、両車はピットイン。リアセクションにダメージを負った#18はここでデビュ
ーレースを終える。注目のNSXにはさらに不幸が襲いかかる。スタートの混乱
で足回りを痛めた影響か、#100NSX(飯田)が100Rでクラッシュ。期待さ
れたNSXは僅か3周足らずで2台とも姿を消してしまった。

  序盤を盛り上げたのは、#2GTRの亜久里。予選12位という位置から、混乱に
乗じて一気に2位まで浮上。トップの#36スープラ(クルム)を2周目に捕らえ
首位に立つ。
  混乱をかいくぐり飛躍をしたといえばもう1台、 初見参の#88ディアブロ(和田
孝夫)も一時5位につけた。しかし、テスト不足はいかんともし難く5周目にトラ
ブル(バイブレーション)でピットイン。レースを終えた。

  開始早々慌ただしい展開を見せるが、このあたりから霧が濃くなったことにより
セーフティカーが導入される。

  9周終了したところで霧も晴れ再スタート。
  ここでも#2亜久里は「さすが」と思わせる走りを見せる。再スタート後も#2G
TR、#36スープラが抜け出す形でレースは進んだが、この2台が主導権を握れた
のは路面が乾きだす12周頃まで。レインタイヤを履く両車は、以後はペースアッ
プする他の車を横目にストレートで濡れた路面を選んで走るなど、我慢のレース
を強いられた。

  この2台を3~4秒上回るペースで急追し、16周目に一気にかわしたのが#5ス
ープラ(田嶋)。この後#36はたまらずタイヤ交換のためピットに滑り込むが、
#2はズルスル後退するも、ルーティンのピットインまで我慢の走行を続ける。
  #5は快調に周回を重ね、2位#39スープラに一時は10秒近くのマージンを築いた
が、20周を過ぎたあたりからその情勢も変化を見せる。

 「#5はソフトタイヤをチョイスしてるに違いないと、自分に言い聞かせてチャン
スを待った」という#39の影山正美は、逃げる#5にジワジワと詰め寄る。競うよう
にファステストラップを更新する2車だったが、コース上でトップ交替は起きず、
背後に迫った#39を嫌うように、#5は35周が終了したところでピットイン。タイヤ
交換、給油を済ませ田嶋からグーセンに交替する。

  この頃から各車ルーティンのピットワークが始まるが、上位陣のセカンドドラ
イバーにミスが続出。#5のグーセンは40周目の1コーナーで先を急いで無理なパッ
シングを試みた結果グラベルの餌食に。田嶋の好走を結果に繋げることはできな
かった。
  また、3位で影山からバトンタッチを受けた#556GTRの近藤は、ピットアウ
ト直後の1コーナーでコースオフ。かろうじてコース復帰を果たすが、43周目に
再び1コーナーのグラベルに飛び込み、うなだれて車を降りる。

  ライバルの脱落で楽になった#39は、39周目にピット作業を終え、ルマンの予備
予選出場のグルイヤールの代走に抜擢された谷川が、車をゴールに運ぶだけ……
のはずだったが、いたずら好きの勝利の女神は、ここでまたしてもサーキットを
霧で包んでしまった。

  2度目のセーフティカーの導入で、40秒あった2位#3GTRとの差は一気に縮
まる。しかし、霧が晴れる様子は一向になく、果たして再スタートが切られるの
か、このままレースが終わってしまうのか、誰もわからないままパレードランは
続いた。  
  この状態が15周も続き、やや霧が晴れてはきたものの、このままチェッカーが
振られてレース終了……そんな気の抜けた結末を迎える可能性が高くなった58周
終了時、突然翌周再スタートを告げるセーフティカーの回転灯が消される。

  再々スタートとなったレースは、7周のスプリント勝負。#3(田中)は、セー
フティカーランで間に入っていたバックマーカーをかきわけるようにして#39(谷
川)を追うが、やはり逆転するには残り周回が足りず、#39が逃げきってチェッカ
ー。
  前日誕生日を迎えた影山正美は30歳初のレースを飾るとともに、今年Fニッポン
から撤退する形となったヨコハマタイヤに嬉しいプレゼント。
  3位は序盤首位を争った#36(デ・ラ・ロサ)と#2(アピチェラ)が最後まで争
ったが、#36が抑えきって表彰台を得た。

  GT300クラスは、予選こそクラス9位と低迷したが、その経験で混乱のレー
スを切り抜けた昨年のチャンピオンチーム、#26ポルシェ(鈴木/新田組)が勝利
を収めた。


                            << FMOTOR4F SysOp 北島滋穂(SDI00685)>>


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース