Archives

  • [—]2020 (36)
  • [+]2019 (579)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (250)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

Formula DREAM

Fドリーム第10戦 鈴鹿 昭和シェル石油アワードレース


それぞれが自分に納得しない表情を浮かべる上位3人。(Photo:FDO)

                武藤、伊沢を突き放して優勝

秋晴れに恵まれた鈴鹿サーキットで、フォーミュラドリームレース03年度シリーズ
第7イベント(第10戦)が、全日本選手権フォーミュラ・ニッポン最終戦のサポー
トレースとして開催された。金曜午前9時10分から30分間のフリー走行が行われ、
11時10分からは第10戦のスターティングリッドを決めるタイムアタック、13時15分
から第11戦のスターティングリッドを決めるタイムアタックと、タイムスケジュー
ルは進んだ。各セッションとも、路面は完全ドライコンディションだった。

第10戦の決勝レースは、土曜日午後1時25分から秋晴れの下で開催された。スター
トではポールポジションにいた武藤英紀よりも加速が良かった伊沢拓也が第1コー
ナー手前で武藤の背後に迫った。しかしアウト側に平出英敏が並びかかっており、
行き場をなくした伊沢は平出に2位の座を譲った。

平出は2位に上がったものの、伊沢をかわす際に接触したため操縦性が悪化、ペー
スが上がらなくなっていた。伊沢も同様に操縦性に違和感を覚えていたが、2周目
のヘアピン立ち上がりで平出に襲いかかり200R、250Rでアウトに並ぶと、スプーン
の飛び込みで2位を奪い返した。平出はその後、安田裕のぶにも攻められてポジショ
ンを4位へと落とした。

首位の武藤は、ひとり2分4秒台に入れて首位をかためた。伊沢、安田は必死で追い
すがるが差は徐々に開いていく。その後方では平出、坂本裕也、高崎保浩、藤井誠
暢、友森雄一らが1秒にみたない間隔で集団を作り激しく5位争いを繰り広げる。こ
の争いから抜け出したのは平出だった。坂本は背後の高崎に攻め立てられ、藤井は
高崎に引き離される一方で友森の攻撃を受けて、7周目の130Rで友森の先行を許し
た。

武藤は、レース終盤の9周目、10周目に自らのミスでわずかにペースを落とし、2位
の伊沢との間隔が1秒744にまで縮まった。しかし最終ラップで再び自分のペースを
取り戻した武藤は伊沢を突き放し、1秒976差で今季8回目の優勝を飾った。2位には
FD初参戦の伊沢、3位には安田、以下平出、坂本、高崎が入賞を果たした。

詳しくは公式サイトへ。http://www.f-dream.gr.jp


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース