Archives

  • [—]2020 (101)
  • [+]2019 (579)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (250)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

全日本GT選手権

JGTC 第5戦 JAPAN GT SPECIAL CUP 優勝クルーのコメント


どちらのチームにとっても待ちに待った優勝だ。(Photo:Motorsports@nifty)

■GT500クラス #18TAKATA童夢NSX

道上 龍
「ホント信じられないなと思う。
富士で最後のレースで勝てたのはすごく嬉しいし、富士はNSXに不利なサーキット
なのに勝てたということでは2倍嬉しい。
23号車にはピットストップで前に出られたが、向こうのタイヤが冷えているうちに
抜き返すことが出来た。でも前に出たのは出たけど、(向こうの)タイヤがあった
まってからはついてこられたので、自分のクルマをコントロールして後ろを押さえ
るのが精一杯だった。
終盤auとの距離がつまったので最初は「余裕で流してるのかな」と思ったが、ファ
イナルラップでホイールから白煙が出るのが見えたので「やった!勝てる」と思った。

チームのみんなも無限も頑張ってくれて、3回目の富士でさえ勝てたのだから、テク
ニカルサーキットへ行けばもっとポテンシャルが上がってると思う。
エンジンも良くなってるし、クルマの進化した部分もある。今回はダウンフォース
を減らしつつ、グリップも上げていくことができた。

ウチは次回60kgぐらいのウェイトになるけど、他のnsxがいいレースをすると思う。」

セバスチャン・フィリップ
「自分の周囲のスープラ勢がどのくらいのストレートスピードを出せるのかが分から
なくて最初は不安だったが、5周目くらいには自分の方がブレーキも安定してるし、
ハイペースで走れると分かった。
一番有利だと思ったのは最終コーナーで早めにアクセルを開けられたことと、ブレー
キが安定していたこと。
トラクションのよさとブレーキ性能が今回の結果を導いたと思う。

選手権的には出遅れたと思うが、これからはNSXの得意なサーキットが続くので、
いいレースを続けていきたい」

■GT300クラス #19ウェッズスポーツCELICA

青木孝行
「本当はもっと早く勝ちたかった。勝てるポテンシャルはこの前の富士からあった
わけだし。
レース中は多分シグマとダイシンとの争いになるかと思っていたが、結果的に後ろ
を20秒引き離して実さんに渡せたので、あとはペースカーでも入らない限り(優勝は)
間違いないと思った。
セリカは素直な特性なので、速くする作業に関して特に苦労したことはない」

田中 実
「富士最後のイベントということで、気持ち的にはトヨタ-トヨタの優勝で納めたい
と思っていたが、片輪を失ってしまったのは残念だ。でもなんとか残った片輪は優勝
することが出来たのは良かった。セルモは非常に残念だったね。
坂東親父はSだけど、レースになると究極のSに変わる。
そのせいでレースが近づくと徹夜徹夜徹夜でスタッフは働くことになるので、なんと
か労をねぎらいたいと思っていたから、今回勝てて本当に良かった。
クルマはまだまだ手付かずの部分も多いので、まだまだ速くなるはずです」


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース