Archives

  • [—]2020 (102)
  • [+]2019 (579)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (250)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

全日本GT選手権

JGTC 第5戦 富士 決勝/NISMOモータースポーツニュースフラッシュ

全日本GT選手権シリーズ(JGTC) 第5戦 
「JAPAN SPECIAL GT CUP」  決勝
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
■開催月日:2003年8月3日
■開催場所:富士スピードウェイ
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

■ザナヴィ ニスモGT-Rが僅差の2位
  スカイラインGT-Rは、開幕より5戦連続で表彰台!!

「JAPAN SPECIAL GT CUP」決勝レースが8月3日富士スピードウェイで開催され、
本山哲/ミハエル・クルム組の#23ザナヴィ ニスモGT-Rがトップと僅か0.49秒
差の2位に入った。
決勝レースを前に、日産自動車のカルロス・ゴーン社長がサーキットに姿を現した。
ゴーン氏は3台のGT-Rドライバー一人一人に激励の言葉をかけていた。また、ゴー
ン氏がグランドスタンドの日産応援席に向かって手を振ると、チームカラーの赤一
色となった応援席は大きな歓声とウェーブでそれに応えていた。

午後3時にスタートしたレースでは、10番グリッドから好スタートを切った#12
が僚友の#22GT-Rを抜いて9位に。4周目にはさらに#23GT-Rを抜いて8位となった。
しかし、9周目の第1コーナーへのアプローチで#22が#12をオーバーテイクした際
に接触。#12は、スピンしリアウィングを飛ばしてしまう。また、右リアタイヤも
傷つけ、修復のためピットに戻った。ダメージはサスペンションにも及んでおり、
復帰に多くの時間を割くこととなった。

#12との接触事故の後#22は15位まで順位を落としたが、その後挽回し10位まで
浮上したところでピットイン。リチャード・ライアンにバトンタッチし残り周回20
周ぐらいからペースを上げてポジションアップを図った。
47周目に#25スープラをかわして7位となったが、その周回のヘアピンでブレー
キがロックし、減速しきれずにGT300車両のドアにノーズをヒット。その後、#37スー
プラをとらえて6位となり、さらに5位の#36スープラも追ったが、ヘアピンでの
接触事故に対してペナルティが課せられ、ピットエンドで10秒のペナルティストッ
プを実行、コースに戻ったがポジションは11位に。そのままチェッカーフラッグ
を受けることとなった。

ミハエル・クルムが8位からスタートした#23ザナヴィ ニスモGT-Rは、12周目に
は#25スープラを抜いて7位となる。さらに14周目に#35スープラを、16周目に
#36スープラをパス、26周目には3位の#37スープラも抜いた。そのままピットイ
ンし本山に交代したが、ニスモ得意の隙のないピットワークを終えてコースインす
ると、それまでトップを走っていた#38スープラの前に割って入ることができた。
ここでスタンドの日産応援席は沸騰する。しかしアウトラップはタイヤが温まって
いないため適切なグリップが得られず、#38に抜き返され、#18NSXにも先行を許す
ことに。これで3位は確定かと誰もが感じていたが、逃げ切り体制に入っていた#38
スープラが最終ラップで突然ペースダウン。ヘアピンで#18と本山の#23がこれをか
わして劇的な逆転を果たした。

■決勝結果
Pos.  Car Name   No.  Driver    Laps
 1 TAKATA童夢NSX  #18  道上 龍 / セバスチャン・フィリップ      1:41'29"425
 2 ザナヴィ ニスモ GT-R  #23  本山 哲 / ミハエル・クルム            -0"490
 3 auセルモスープラ  #38  竹内浩典 / 立川祐路                        -5"541
 4 エッソウルトラフロー スープラ  #35  脇阪寿一 / 飯田 章           -6"026
 5 WOODONE トムススープラ  #36  土屋武士 / エリック・コマス         -21"723
 6 ZENT トムススープラ   #1  黒澤琢弥 / マルコ・アピチェラ          -30"876
 7 デンソーサードスープラGT  #39  ドミニク・シュワガー / 織戸 学   -39"223
 8 G'ZOX-NSX  #16  伊藤大輔 / トム・コロネル                        -44"469
 9 Mobil 1 NSX  #64  松田次生 / アンドレ・ロッテラー                -47"157
10 プロジェクトμエスペリアスープラ  #35  服部尚貴 / 脇阪薫一        -56"026
11 モチュールピットワーク GT-R #22 影山正美/リチャード・ライアン  -1'03"356
33 カルソニックスカイライン  #12 ブノワ・トレルイエ / 井出有治      -12Laps

◆ニスモモータースポーツの詳細は「NISMO official web site」をご覧下さい。


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース