Archives

  • [—]2020 (93)
  • [+]2019 (579)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (250)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

全日本GT選手権

JGTC第5戦 JAPAN SPECIAL GT CUP 決勝


まさかの大逆転に、道上も開口一番「信じられへん!」(Photo:K.Takeshita)

ファイナルラップでまさかの大逆転!
JGTC第5戦JAPAN SPECIAL GT CUPは、終始トップを走り続けた#38auセルモスープラの
突然の失速により、#18TAKATA童夢NSXが逆転優勝を遂げるという、予想だにしない
結末を迎えた。

過去2回の富士のレースをいずれもポールポジションからスタートしながら勝利に結び
つけられなかったauセルモ。今回もスタートでトップに立つと、2位以下の接戦に乗じ
てぐんぐんとリードを築き上げていく。
その後方では2位スタートの#37ZENT トムススープラに#18TAKATA、#1エッソウルトラ
フロースープラ、#23ザナヴィ ニスモ GT-Rが次々に襲い掛かり、16周目に#18TAKATA
が、26周目には#1エッソと#23ザナヴィが相次いでパス。
これで順位は38-18-1-23-37の順となった。

auはピットストップの後も順調にハイペースを維持し、一旦は前に出てきた#18TAKATA
や#23ザナヴィを難なくかわすと、再び後続を引き離していく。TAKATA、ザナヴィ、
エッソの3台が接近戦をやっているためにその差は一時12秒台にまで開いてしまう。

このままauが今季初優勝を飾るかと思われたが、なんと最終ラップに入って突然auが
失速。コース上の異物を踏んだためにスローパンクチャーが発生していたのだ。
ホイールから白煙を上げながら我慢の走りを続ける#38立川を#18道上がヘアピンで
パス。更には#23本山にも抜かれて結局auは3位に留まるのがやっとだった。
こうして#18TAKATA童夢NSXが今季初優勝を遂げるとともに、ここまで不利な状況に
おかれていたNSX勢に復活の兆しのあることを証明してみせた。

GT300では、ポールからスタートした#19ウェッズスポーツCELICAが決勝でも安定した
速さを見せて今季初優勝。
予選2番手の#71シグマテックDUNLOPセリカもレース中盤まで2位を走行していたが、
44周目のヘアピンで#22モチュールピットワークGT-Rに押し出されてリタイヤすること
となった。このアクシデントに対し、#22モチュールには10秒ストップのペナルティが
課され、ドライブしていたライアンにはペナルティポイント1点が課された。
この結果、2位には#81ダイシンシルビア、3位には#31RECKLESS MR-Sが入ることと
なった。

2003年8月3日 富士スピードウェイ(静岡県) 決勝 天候:曇り/コース:ドライ
-P.-No.Cls-Car------------------------------Drivers--------Lap-GoalTime---(WH)
 1  18 500 TAKATA童夢NSX                    道上/フィリップ 68 1:41'29.425
 2  23 500 ザナヴィ ニスモ GT-R             本山/クルム     68 -     0.490(70)
 3  38 500 auセルモスープラ                 竹内/立川       68 -     5.541(40)
 4   1 500 エッソウルトラフロースープラ     脇阪/飯田       68 -     6.026(90)
 5  36 500 WOODONEトムススープラ            土屋/コマス     68 -    21.723(50)
 6  37 500 ZENTトムススープラ               黒澤/アピチェラ 68 -    30.876(10)
 7  39 500 デンソーサードスープラGT         シュワガー/織戸 68 -    39.223(40)
 8  16 500 G'ZOX-NSX                        伊藤/コロネル   68 -    44.469(10)
 9  64 500 Mobil 1 NSX                      松田/ロッテラー 68 -    47.157
10  35 500 プロジェクトμエスペリアスープラ  服部/脇阪       68 -    56.026(10)
11  22 500 モチュールピットワークGT-R       ライアン/影山   68 -  1'03.356(70)
12   8 500 ARTA NSX                         土屋/金石       68 -  1'13.157
13 100 500 RAYBRIG NSX                      加藤/光貞       68 -  1'23.891(10)
14  76 500 イエローコーンマクラーレンGTR    黒澤/田嶋       67 -   1 Lap
15  19 300 ウェッズスポーツCELICA           青木/田中       64 -   4 Laps (20)
16  81 300 ダイシンADVANシルビア            星野/植松       63 -   5 Laps
17  31 300 RECKLESS MR-S                    佐々木/後藤     63 -   5 Laps (45)
18  26 300 PLUS e タイサンアドバンGT3R      山路/西澤       63 -   5 Laps (60)
19  55 300 ECLIPSEタイサンADVANバイパー     山田/木下       63 -   5 Laps (30)
20  43 300 ARTA Garaiya                     新田/高木       63 -   5 Laps (10)
21   5 300 BANPRESTO B-1マッハ号GT320R      玉中/三船       63 -   5 Laps (15)
22  51 300 C-WEST・AUTOSTAFF・ADVANシルビア 尾本/加藤       63 -   5 Laps
23   2 300 リニューカー・ベルノ東海NSX      高橋/渡辺       63 -   5 Laps (10)
24  24 300 EndlassタイサンアドバンGT3R      余郷/浅井       63 -   5 Laps (30)
25  88 500 ノマド ディアブロ JGT-1          山西/WADA       62 -   6 Laps
26 910 300 910 BOROアドバンポルシェ         平川/宮川       62 -   6 Laps
27   9 300 正義の味方 覆面レーサーXMT       菅/筒井         62 -   6 Laps (10)
28  69 300 FK/Massimo 外国屋 ADVAN GT3R     山岸/位高       62 -   6 Laps
29  10 300 レイジュン・ダンロップ GT3R      OSAMU/古谷      60 -   8 Laps
30 911 300 高見沢バイタルポイントGT3R       高見沢/砂子     60 -   8 Laps
31  61 300 R&DスポーツダンロップGT3R        勝間田/井原     60 -   8 Laps
32 111 300 ARKTECHダンロップGT3             飯島/芳賀       60 -   8 Laps
33  12 500 カルソニックスカイライン         トレルイエ/井出 56 -  12 Laps (70)
34  70 300 外車の外国屋ダンロップポルシェ   石橋/和田       56 -  12 Laps
35  77 300 クスコスバルADVANインプレッサ    小林/谷川       56 -  12 Laps
36  25 500 ADVAN スープラ                   荒/デュフォア   50 -  18 Laps (10)
37  11 300 JIM RodeoDrive アドバンF360      松田/田中       49 -  19 Laps (50)
38   3 300 ハセミスポーツエンドレスZ        木下/柳田       46 -  22 Laps (65)
39  14 300 CASTLE IDEAL RX-7                Dian Ley/山野   45 -  23 Laps
-----------以上完走----------------------------------------------------------
    71 300 シグマテックDUNLOPセリカ         城内/澤         43 -  25 Laps
    34 300 DENTAIRE MR-S                    西澤/松田       39 -  29 Laps
    17 300 Kosei SPIRIT MR-S                松永/長嶋       23 -  45 Laps
    15 300 AMPREX BMW M3GT                  橋本/クワン      7 -  61 Laps
     7 300 雨宮マツモトキヨシアスパラRX7    谷口/大井        7 -  61 Laps
    62 500 VemacR&Dダンロップ350R           柴原/密山        5 -  63 Laps
------------------------------------------------------------------------------
Fastest Lap #38 auセルモスープラ(竹内)  1'26.598   3/68   182.914km/h
完走周回数 GT500:47周  GT300:44周

* No.15は、ピットレーン速度超過により罰金50,000円
* No.12は、ピット作業違反によりドライビングスルーペナルティ。
* No.22は、走行中の危険行為によりペナルティエリアストップ10秒。




トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース