Archives

  • [—]2020 (101)
  • [+]2019 (579)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (250)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

全日本GT選手権

JGTC 第8戦 鈴鹿GT300km 決勝/NISMOモータースポーツニュースフラッシュ

全日本GT選手権シリーズ(JGTC) 第8戦 
「SUZUKA GT 300km」  決勝
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
■開催月日:2003年11月16日
■開催場所:鈴鹿サーキット(三重県)
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

■#12「カルソニックスカイライン」今季2勝目で最終戦を締めくくる。
   3位の#23「ザナヴィ ニスモGT-R」の本山/クルム組が逆転チャンピオン。
                     ニスモはチームチャンピオンも獲得!

JGTC最終戦、鈴鹿の決勝レースが11月16日午後2時にスタートした。
レースを制したのはブノワ・トレルイエ/井出有治の#12「カルソニックスカイライ
ン」。そして#23「ザナヴィ ニスモGT-R」の本山哲/ミハエル・クルム組は逆転ド
ライバーズチャンピオンを獲得した。
さらに4位入賞した影山正美/リチャード・ライアン組の#22「モチュールピットワー
クGT-R」の貢献もあり、ニスモがGT500のチームチャンピオンを獲得。GT300でも#3
「ハセミスポーツ・エンドレスZ」の木下みつひろ/柳田真孝組がチャンピオンを決
めており、この日鈴鹿サーキットは「日産」の二文字に埋め尽くされた。

ローリングラップののちスタートした決勝レース、#22 GT-Rの影山が最大のライバ
ルである#1スープラの前に入り、6位で第1コーナーに入っていった。3位からスター
トした#23 GT-Rの本山は2位の#38スープラの後ろにピタリとつけて、オーバーテイ
クのチャンスをうかがうポジションを取った。本山は4周目のシケインで#38スープ
ラを捕え、さらにトップの#25スープラが10周目にコースアウトした時、早くもレー
スリーダーとなった。その後は2位の#18 NSXとの差を広げるべく攻めの走りを展開。
22周目にピットインし、クルムに交代するまでトップを快走し、グランドスタンド
の日産応援団ブロックを沸きあがらせた。

#12 GT-Rのトレルイエは5周目に#38スープラを抜いて4位に。そして24周目にピッ
トインし井出にバトンタッチ、他のGT500勢が給油を終えた29周目にはトップに躍
り出た。しかし、長い周回を受け持ったため終盤にはタイヤグリップを失い、#18
NSXの道上龍に迫られてしまう。
49周目にはいったん#18 NSXに先行を許すがすぐに首位を取り戻し、そのままトッ
プでフィニッシュラインをクロスした。

#23 GT-Rは、3位でレース中盤を周回し、この時点でチャンピオンの条件である2位
を目指し、#18 NSXを追った。しかし、ライバル#1スープラが42周目のシケインで
オーバーランし、順位を落としてチャンピオン争いから脱落すると安定したラップ
タイムでゴールを目指し、3位でチェッカーフラッグを受けた。#1が7位でレースを
終えたため、チャンピオンシップポイントで単独首位となり、念願の逆転ドライバー
ズチャンピオンを手中に収めた。

序盤に#1スープラの上位進出を拒んだ#22GT-Rの影山は、かたくなにポジションを
守り続け21周目に5位でピッイン。レースに戻ったライアンはクルムの#23 GT-Rの
後ろに入り、4位で受持ち周回をクリア。
4位完走を果たした。

■決勝暫定結果  RACE RESULTS - PROVISIONAL
Pos.  Car Name   No.  Driver    Laps
 1 カルソニックスカイライン  #12  ブノワ・トレルイエ / 井出有治   1:46'45"159
 2 TAKATA童夢NSX  #18  道上 龍 / セバスチャン・フィリップ            -13"833
 3 ザナヴィ ニスモ GT-R  #23 本山 哲 / ミハエル・クルム              -24"503
 4 モチュールピットワーク GT-R #22 影山正美/リチャード・ライアン      -24"620
 5 RAYBRIG NSX  #100  加藤寛規 / 光貞秀俊                             -35"086
 6 ARTA NSX  #8  土屋圭市 / 金石勝智                                  -46"862
 7 エッソウルトラフロー スープラ  #1  脇阪寿一 / 飯田 章             -50"872
 8 WOODONE トムススープラ  #36  土屋武士 / エリック・コマス           -51"368
 9 デンソーサードスープラGT  #1  ドミニク・シュワガー / 織戸 学    -1'04"003
10 プロジェクトμエスペリアスープラ  #35  服部尚貴 / 脇阪薫一       -1'04"439


◆ニスモモータースポーツの詳細は「NISMO official web site」をご覧下さい。


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース