Archives

  • [—]2020 (99)
  • [+]2019 (579)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (250)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

全日本GT選手権

JGTC 第8戦 鈴鹿GT300km 決勝/トヨタモータースポーツニュース


スープラ勢最上位で今季を終えた脇阪/飯田組のトヨタ・スープラ(C)Toyota

JGTC最終戦

        トヨタがエンジンチューナー部門タイトル獲得
     惜しくもGT500ドライバーズ/チームタイトルは逃す。
       GT300ではセリカの田中/青木組が今季2勝目

 全日本GT選手権の今季最終戦となる第8戦「SUZUKA GT 300km」
が11月15日(土)、16日(日)の両日、三重県鈴鹿市の鈴鹿サーキットで開
催された。
 シリーズ最終戦を迎え、激戦のGT500クラスでは、ディフェンディングチャ
ンピオンのエッソウルトラフロースープラ1号車がポイントランキングトップ。
 一方、GT300クラスは、RECKLESS MR-S31号車が逆転タイト
ルに望みをつなぐ9点差のランキング2位、シグマDUNLOPセリカ71号車が
10点差の3番手と、両クラスのチャンピオン争いをかけてレースに臨むこととなっ
た。
 今大会にはGT500クラスに18台/GT300クラスに25台の総勢43台
が参加。このうちトヨタ勢は、GT500クラスへスープラ7台、GT300クラ
スへは、今回がデビュー戦となるKoseiSPIRITセリカ17号車を含む3
台のセリカと2台のMR-Sがエントリーした。

◆予選◆
 公式予選は15日(土)午前10時から1回目のセッションを実施。曇天のドラ
イコンディションのもと、午後から降雨の予報もあったため、いくつかのチームは
予選タイヤを2セットとも投入して臨戦体制。このセッションでのトップタイムは、
前日の練習走行から一番時計を記録して好調なアドバンスープラ25号車。これに
100kgものウエイトを積むauセルモスープラ38号車が続いた。また、90kg
のウエイトを積むスープラ1号車はセッティングに苦しみ、5番手につけた。

 午後3時より行われた2回目のセッションは、開始直前に小雨が降ったものの結
局曇天のまま推移。ドライながら路面コンディションは、思わしくなく、自己ベス
トの更新はならなかったが、午前、午後の予選セッションでトップタイムを記録し
たスープラ25号車が初のポールポジションを確定。2番手の38号車とともにスー
プラが決勝レースのフロントローを独占することになった。
 一方、スープラ1号車はセッション終盤にセッティングを変更してタイムアップ
を狙ったが、他車のコースアウトで路面状況が悪化して果たせず、6番手からのス
タートとなった。

 また、GT300クラスでは、ウエッズスポーツセリカ19号車が1回目のタイ
ムで2番手、F3マカオGP出場の片岡龍也に代わって黒澤治樹を起用したセリカ
71号車は5番手グリッドとなった。

◆決勝◆
 16日(日)は、前夜の降雨により朝方こそ路面は濡れていたが快晴のもとで決
勝レースを迎えた。ポールポジションから順調に序盤戦でトップを快走したスープ
ラ25号車は、10周目のS字コーナーでスピンしたGT300車両を避けてコー
スアウトを喫して後退。フロントロースタートのスープラ38号車も2位を維持す
るものの、重いウエイトに苦しめられ、序々にポジション後退を余儀なくされた。
 また、チャンピオンを争うスープラ1号車は、他チームの厳しいブロックに阻ま
れ6位を走行していたが、タイヤの摩耗が激しく、20周目に予定より早めのピッ
トイン。5位で後半戦を迎えたが、40周目のシケインで他車を避けようとしてショー
トカット、7位にポジションダウンしてチェッカーフラッグ。

 スープラ勢最上位は、7位に入ったスープラ1号車で、惜しくもドライバーズ/
チームのタイトル獲得はならなかったが、トヨタは、エンジンチューナー部門でタ
イトルを獲得した。

 一方、GT300クラスでは、セリカ19号車がスタートで3位に後退するもの
の9周目に2位に浮上。中盤戦のピットインで素早く作業を終えて首位へ躍進。第
5戦に続く2勝目を飾った。また、セリカ71号車は前半早めのピットインの後、
4位から必死の追い上げを見せて3位でフィニッシュしたが、逆転チャンピオンに
は僅かに届かなかった。
--------------------------------------------------------------------------------
エッソウルトラフロースープラ1号車 ドライバー脇阪寿一のコメント:
今週末は終始タイヤのグリップ不足に苦しみ、他車のブロックもあって思うように
順位を上げられなかった。来季こそベストを尽くし、タイトル獲得へ向けて頑張り
たい。

エッソウルトラフロースープラ1号車 ドライバー飯田章のコメント:
決勝はアンダーステアがキツく、ペースを保つことが出来なかった。チャンピオン
を獲得出来なかったことは残念だが、この一年チーム全員でよく頑張ったと思う。

ウェッズスポーツセリカ19号車 ドライバー田中実のコメント:
今日はクルマも良かったが、ピットインでの素晴らしい作業など、メカニックのお
かげで勝つことが出来た。ピットアウトして3号車の前でレースに復帰出来た時に、
これで勝てると思った。今年は2勝出来てセリカのポテンシャルを示せたので、来
季は必ずチャンピオンを取りたい。

ウェッズスポーツセリカ19号車 ドライバー青木孝行のコメント:
チャンピオン争いに関われなかったのは残念だが、セリカはダウンフォースが強め
で、タイヤの持ちもいいなど実戦に強いクルマなので、来季こそは結果につなげた
い。

トヨタ自動車(株)モータースポーツ部主査 柘植和廣のコメント:
最終戦では100%の実力を発揮することが出来ず、悔しい結果となったが、この
気持ちをバネに来季は頑張りたい。今季はドライバーズとチームタイトルは惜しく
も逃したが、GT‐500クラスでは新たに投入したエンジンでエンジンチューナ
ー部門チャンピオンを獲ることが出来た。また、全8戦中7戦でポールポジション
を獲得するなど、速さは証明したと思う。これからも引き続き応援をよろしくお願
いします。

---------------------------------------------------------------------------
第8戦 リザルト(暫定)
 順位 車両 No. ドライバー                        所要時間/差 周回 予選結果
 1  12 スカイラインGT-R   B.トレルイエ/井出有治 1:46'46.159    52  7
 2  18 ホンダNSX          道上 龍/S.フィリップ    0'13.833    52  4
 3  23 スカイラインGT-R   本山 哲/M.クルム        0'24.503    52  3
 4  22 スカイラインGT-R   影山正美/R.ライアン      0'24.620    52  5
 5 100 ホンダNSX          加藤寛規/光貞秀俊        0'35.086    52  9
 6   8 ホンダNSX          土屋圭市/金石年弘        0'46.862    52 11
 7   1 トヨタスープラGT 脇阪寿一/飯田 章        0'50.872    52  6
 8  36 トヨタスープラGT 土屋武士/E.コマス        0'51.368    52 13
 9  39 トヨタスープラGT D.シュワガー/織戸 学    1'04.003    52 12
10  35 トヨタスープラGT 服部尚貴/脇阪薫一        1'04.439    52 15

チーム 車両 No. ドライバー 第8戦結果
ESSO TOYOTA TEAM LeMans トヨタスープラGT 1 脇阪寿一/飯田 章 7位
TOYOTA TEAM TOM'S       トヨタスープラGT 36 土屋武士/E.コマス 8位
TOYOTA TEAM SARD        トヨタスープラGT 39 D.シュワガー/織戸 学 9位
KRAFT                   トヨタスープラGT 35 服部尚貴/脇阪薫一 10位
TOYOTA TEAM CERUMO      トヨタスープラGT 38 竹内浩典/立川祐路 13位
TOYOTA TEAM TOM'S       トヨタスープラGT 37 黒澤琢弥/M.アピチェラ 14位
TEAM ADVAN・ツチヤ      トヨタスープラGT 25 荒 聖治/J.デュフォア リタイア
RACING PROJECT BANDOH   トヨタセリカ 19 青木孝行/田中 実 17位/1位
シグマテックレーシングチーム トヨタセリカ 71 澤 圭太/黒澤治樹 19位/3位
TEAM RECKLESS           トヨタMR-S 31 佐々木孝太/後藤 聡 27位/11位
DENTAIRE PROJET RACING with apr トヨタMR-S 34 西澤誠剛/松田晃司 33位/17位
TOM'S SPIRIT            トヨタセリカ 17 松永まさひろ/長島正興 36位/20位

ドライバーズポイント 順位 ドライバー ポイント
1位 本山 哲/M.クルム 86
2位 脇阪寿一/飯田 章 83
5位 土屋武士/E.コマス 61
6位 D.シュワガー/織戸 学 57
8位 竹内浩典/立川祐路 46
12位 J.デュフォア/荒聖治 26
14位 服部尚貴/脇阪薫一 24

 チームポイント 順位 チーム ポイント
1位 NISMO 106
2位 ESSO TOYOTA Team LeMans 83
4位 TOYOTA TEAM TOM'S 66
6位 TOYOTA TEAM SARD 57
7位 TOYOTA TEAM CERUMO 46
10位 TEAM ADVAN・ツチヤ 26
11位 KRAFT 24

エンジンチューナーポイント 順位 エンジンチューナー ポイント
1位 トヨタテクノクラフト 115
2位 オーテックジャパン 97
3位 無限 95
4位 東名エンジン 61
5位 BMW Motorsport 2
6位 シエラスポーツ 2


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース