SUPER FORMULA LIGHTS

第4戦オートポリス決勝会見 野中誠太「ここしかないと思って飛び込んだ」

第4戦優勝 野中誠太(TOM'S)

決勝記者会見:優勝した野中誠太(TOM\'S)

 「新しいタイヤ、新しいエンジンでの最初のレースということで不安要素がありましたが、予選で2番手を獲得できました。小林選手のデビュー戦ということでスタートは狙っていました。ちょっと失速してしまったので順位を上げるチャンスを逃しましたが、SC明けの狙っていたところでチャンスが来たので、ここしかないと思って飛び込むことが出来ました。その後はタイヤの消耗が激しく、かなりペースも落ちていましたが、みんなも一緒だと自分に言い聞かせて淡々と走りました。嬉しい気持ちもありますが、ホッとしているというのが素直な気持ちです」

 「抜けるポイントは1コーナーかあそこのヘアピンだと思っていました。手前の100Rからの脱出速度が、僕の方が速いのがわかったので、次のヘアピンで絶対刺してやろうと。狙い通り抜くことが出来たので、良かったです」

 「明日の第5戦は6番手スタートなので、苦しいレースになると思いますが、スタートの問題点をそこで改善したい。タイヤの摩耗は明日も厳しいと思いますが、トムスの中で情報を共有しながら解決策を見つけていきたいです」

第4戦決勝2位 小林利徠斗(TOM'S)

決勝記者会見:2位の小林利徠斗(TOM\'S)

 「スーパーフォーミュラ・ライツのデビュー戦として、予選ではポールポジションを獲得することが出来ましたが、レースでの経験はゼロだったので、そこまで気負うことはありませんでした。その経験の差が結果として出てきたのは悔しい部分もありますが、逆に今の自分の足りているところと、まだまだ必要なところがはっきりしてきたので、それを踏まえて明日以降のレースに準備していこうと思います。バトルの面でも未熟だなと感じたレースでした」

 「野中選手にピッタリ後ろにつかれて、抜かれました。向こうができることなら自分でもできるんじゃないかと思っていたんですが、そんな間も無く半周くらいでどこかに消えていってしまったので、根本的にペースの差があったんだなと思って。悔しかったですけど、そこは成長できる点だとも思いました」

第4戦決勝3位 荒川鱗(TEAM DRAGON)

決勝記者会見:3位の荒川鱗(TEAM DRAGON)

 「今週このクルマに初めて乗って、木曜日、金曜日と専有走行がある中でいろんな準備をしてきましたが、スタート練習がうまくいっていなくて、それがレースでも出てしまったことが、勝つチャンスが無くなった要因かと思います」

 「レースでは小林選手の後ろにいて、彼のペースに付き合わされてしまいましたが、前に出ればペースはあると思うので、明日はスタート練習をしっかりやって、スタートをバチッと決めたいと思います」

 「昨日もトップタイムを取れたこともあり、勝ちたい気持ちは正直あったんですが、まずは表彰台を獲得できてホッとしています。第5戦は5位スタートになるので苦しいところがありますが、そこでスタートの感触を掴んで、3位スタートとなる第6戦でしっかり勝ちたいと思います」

Text: Kazuhisa SUEHIRO
Photo: Kazuhiro NOINE


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース