Archives

  • [—]2022 (463)
  • [+]2021 (678)
  • [+]2020 (461)
  • [+]2019 (579)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (248)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

SUPER FORMULA

スーパーフォーミュラが変わる! 2022年開催概要発表される

 1月31日、スーパーフォーミュラ選手権を運営する日本レースプロモーション(JRP)は、2022年シリーズの開催概要を発表した。

 1大会2レース制の導入などレースフォーマットの変更だけでなく、デジタルコンテンツの配信、開催サーキットでのイベント、ファンシートの設置など、シリーズを盛り上げるための新たな試みが目白押しだ。

■1大会2レース制の導入(一部)

 開幕戦の富士大会、もてぎ大会、最終戦鈴鹿大会の3大会は2レース制に。この結果2022年のスケジュールは7大会全10戦となる。

  • 4/9-10 第1,2戦富士スピードウェイ
  • 4/23-24 第3戦鈴鹿サーキット(2輪併催)
  • 5/21-22 第4戦オートポリス(2輪併催)
  • 6/18-19 第5戦スポーツランドSUGO
  • 7/16-17 第6戦富士スピードウェイ
  • 8/20-21 第7,8戦モビリティリゾートもてぎ
  • 10/29-30 第9,10戦鈴鹿サーキット

※レースウィークのスケジュールは次のとおり。

  • 1大会1レースの場合:土曜日:フリー走行、予選/日曜日:決勝
  • 1大会2レースの場合:金曜日:専有走行/土曜日:第1レース予選、決勝/日曜日:第2レース予選、決勝。

※決勝レースはすべて14時30分スタート。

※ノックアウト予選方式は変わらないが、従来のQ1,Q2,Q3方式からQ2までのシンプルな形に。

※シリーズポイントは1大会1レース、2レースにかかわらずフルポイント。有効ポイント制は採用しない。

■デジタルプラットフォーム「SFgo」(エスエフゴー)の提供

 全ドライバーの車載映像に加え、各種データ(ギア、車速、エンジン回転数、燃料状況、タイヤ温度など)、ドライバー無線などがライブ配信されるデジタルコンテンツ(有料)を提供する。2022年は限定公開。2023年から本格運用。

2022年はファン300名を開発サポーターとして募集。(詳細は下記へ)

https://superformula.net/sf2/headline/33770


■開催サーキットでのファンサービス

  1. 各開催サーキットにおいて、下記イベントを展開する。
    • 「SF NEXT50ビレッジ」:メーカーや全チームブースを設置
    • 「モビリティキッズパーク」:子ども、家族向けの体験型コンテンツの提供
    • 「カーボンニュートラルスクエア」:環境関連企業・行政のPRコーナーなどを設置
  2. チームファンシートを設置

 上記のように、チームにとっても、ファンにとってもかなり多くの変化がありそうだ。期待してシーズンインを待とう。

Text: Shigeru KITAMICHI


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース