Archives

  • [—]2022 (757)
  • [+]2021 (678)
  • [+]2020 (461)
  • [+]2019 (579)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (248)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

TCR JAPAN SUNDAY

第4戦もてぎ決勝 HIROBONが今季3勝目 健闘の猪爪杏奈が2位に入る

優勝はHIROBON(バースレーシングプロジェクト【BRP】)

 TCRJサンデーシリーズ第4戦は21日、モビリティーリゾートもてぎで決勝を行い、HIROBON(バースレーシングプロジェクト【BRP】)が猪爪杏奈(DOME RACING)との壮絶なバトルを制し今季3勝目を飾った。

 決勝は午後0時40分にフォーメーションラップが始まった。もてぎには夏の日差しが戻り、蒸し暑い中で決勝がスタートした。

 ポールポジションの猪爪杏奈(DOME RACING)はトップで1コーナーへ向かう。2位には好スタートを切った予選3位のHIROBON(バースレーシングプロジェクト【BRP】)がアウトから予選2位の加藤正将(Audi Team Mars)をかわし2位に浮上。加藤は3位に落ちた。

 4位には予選5位から鈴木建自(バースレーシングプロジェクト【BRP】)が浮上し、5位に塩谷烈州(全薬工業with TEAM G/MOTION')が、6位にMototino(55MOTO RACING)が続く。

 トップ猪爪は2周目に2位HIROBONを1秒4離すが、ここからHIROBONがスパート。3周目にはその差は0秒2となった。ここから猪爪とHIROBONの壮絶なテールトゥノーズの争いが勃発。3位の加藤はこの2人に付いていけずに遅れ始める。

 ストーレートで伸びる2位HIROBONは1コーナーで何度もトップ猪爪を追い詰めるが、猪爪もブロックラインを取り、HIROBONの先行を許さない。

 この争いは延々と続いたが、ついに10周目の1コーナーで猪爪に並びかけたHIROBONが2コーナー、3コーナーと並走。そしてついに4コーナーで猪爪を攻略し、HIROBONがトップに立った。

 トップに立ったHIROBONはこのまま13周を走りきり、今季3勝目を飾った。健闘の猪爪は惜しくも2位、3位には加藤が入った。

 4位には大きく遅れて鈴木が入ったが、走路外走行によるタイムペナルティーを科され6位に後退。塩谷が6周目にトラブルで止まったためMOTOTINOが4位に、5位には西澤誠剛(M-PROTOTYPING Team STILE CORSE)が入った。

 第5戦サタデー、サンデーシリーズは富士スピードウエイに舞台を移し、9月10~11日に世界耐久選手権(WEC)のサポートレースとして開催される。

決勝2位は猪爪杏奈(DOME RACING)

決勝3位は加藤正将(Audi Team Mars)

Text: Yoshinori OHNISHI
Photo: Katsuhiko KOBAYASHI


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース