Archives

  • [—]2022 (757)
  • [+]2021 (678)
  • [+]2020 (461)
  • [+]2019 (579)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (248)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

Super FJ Championship

ジャパン・チャレンジ第4戦岡山決勝レース1 清水啓伸がコンマ135の接戦を制し、S-FJ初優勝を達成

優勝は清水啓伸(Drago CORSE)

 S-FJジャパン・チャレンジ第4戦の決勝レース1が8月20日、岡山県美作市の岡山国際サーキットで行われ、ポールポジションからスタートした清水啓伸(Drago CORSE)が接戦を制して今季初優勝を飾った。

 第4戦決勝は午後1時より12周で行われた。空には晴れ間が覗き、路面はドライ。気温は29℃、路面温度は42.5℃に上昇した。

決勝が始まった

 スタートでトップに立ったのはポールポジションの清水。小川涼介(MS KK-SII)が2位でつづき、予選4番手の板倉慎哉(AMORE TOKYO☆表参道☆KKSⅡ)が1-2コーナーで予選3番手の元山泰成(Ecotech Racing)を捉えて3位でコントロールラインに戻ってきた。元山は一つ順位を落としたが、この4台は約0.4秒〜0.5秒の間隔で2周を消化、3周目に入ると清水が小川に対して0秒642のリード。元山が板倉まで0.943秒とやや遅れ始める。

 清水は4周目に0秒898、5周目に1秒111と着実にリードを広げるが、小川は7周目に1分39秒619でファステストラップを更新、清水との差を0秒809に縮める。

 再びリードを広げにかかる清水だったが、小川は10周目から清水を上回るペースで追い上げ、11周目には1分39秒584とさらにファステストラップを更新して清水の背後に迫った。

 そして2台はテール・トゥ・ノーズ状態でファイナルラップに突入。清水との差をジリジリと詰めていく小川だったが、清水はヘアピンそしてダブルヘアピンと要所要所をきちんと押さえて小川を押さえ切り、トップでチェッカーを受けた。2位に終わった小川との差はわずか0秒135だった。

 3位には板倉が入った。

 そしてリバースグリッドで戦われる明日のレース2は、予選9番手から着実に順位を上げ、8周目に太田浩(ミスト・セキグチ・制動屋)を抜いて6位でフィニッシュした益田富雄(KMTS ミストKKSⅡ)がポールポジションを獲得。5位フィニッシュの松田大輝(K-TACK MYST KK-SII)が2番手から、4位の元山が3番手から明日のレース2をスタートすることになった。

 第4戦決勝レース2は21日午前11時50分から12周で行われる。

決勝2位は小川涼介(M2 KK-SII)

決勝3位は板倉慎哉(AMORE TOKYO☆表参道☆KKSII)

決勝4位は元山泰成(Ecotech Racing)

決勝5位は松田大輝(K-TACK MYST KK-SII)

決勝6位は益田富雄(KMTSミストKKSII)

Text: Kazuhisa SUEHIRO
Photo: Motorsports Forum


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース