Archives

  • [—]2022 (757)
  • [+]2021 (678)
  • [+]2020 (461)
  • [+]2019 (579)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (248)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

Super FJ Championship

ジャパン・チャレンジ第4戦レース1決勝上位ドライバーのコメント 清水啓伸「予選からタイヤのたれを感じていたので、決勝は前半で頑張ろうと思って早めにプッシュした」

レース1優勝 34号車・清水啓伸(Drago CORSE)

優勝した清水啓伸(Drago CORSE)

 「予選の時から後半にタイヤのたれを感じていたので、前半で頑張ろうと思って早めにプッシュしました。それで前半で引き離すことができましたが、タイヤがキツくなってきました。最後の1周はブロックラインというか、タイミングをずらしに行ったのでタイムは遅かったですが、それでもちょっと足りなかったなと思います」

 「それまでは8割9割のペースでミスせずに走れば追いつかれることはないと思っていました。あとはファイナルラップでヘアピンとダブルヘアピンの一つをしっかり押さえて、入ってこれないようなラインを走りました」

 「途中で1分40秒台に落ちた時に追いつかれたので、ヤバいな、と思ってそこからは39秒8とか9でラップするようにしましたが、スリップにつかれていることもあって、追いついてきて、ヘアピンなどでミラーに見えてきたので、それを気にしてペースを落としたのもあります。それでも落ち着いて走れました」

 「自分は前半が強いと思っているので、レース2はスタートをミスすることなく、早めに前に出て、いい展開にできたらいいなと思います」

レース1決勝2位 12号車・小川涼介(MS KK-SII)

決勝2位の小川涼介(M2 KK-SII)

 「今日は2位スタートで、決勝のペースでは勝てていても、抜ききれませんでした。あとちょっとのタイムを出せなかったのが今後の課題ですが、自分の実力は出し切れたと思います。もっと周回数があれば、という思いはありますが、追いつけなかったのは自分のせいです。今回は悔しいですけど」

 「今回は予選で使ったタイヤではなく、新品の方を使ったので、レース中盤から後半にペースを上げていく作戦でした。でもペースを上げていくのがちょっと遅かったです」

 「次のレースは清水選手を抜かせずに順位を上げて、表彰台に上がれたらと思います」

レース1決勝3位 55号車・板倉慎哉(AMORE TOKYO☆表参道☆KKSⅡ)

決勝3位の板倉慎哉(AMORE TOKYO☆表参道☆KKSII)

 「若い子が速いので、ついていくのが難しかったです。昨日まではユーズドタイヤで割と調子良かったのですが、予選でニュータイヤを履いたらあまりフィーリングが良くなくて、同じタイヤで走った決勝も昨日のフィーリングが戻りませんでした。明日はニュータイヤでのスタートなので、ちょっとセッティングを変えて走ろうと思います」

 「スタートが割とうまくいって、(元山選手の)イン側に並べたので、そのままラインをキープして前に出ることができました。途中までは前の2台に食らいついていたんですけど、そのうち二人のペースが上がって、自分のペースが落ちてしまいました。そこからはスピンしないように気をつけて走りました。タイヤはめちゃめちゃきつかったです」

 「明日も4番手からのスタートですが、またスタートでうまくまとめられればいいレースができると思います。明日も頑張ります」

レース1決勝4位 1号車・元山泰成(Ecotech Racing)

 「スタートで回転数を合わせるのをミスってしまって、出遅れてしまい、1コーナーでブレーキをミスってしまい、板倉さんに前に出られてしまいました。そこからついて行こうとしましたが、前のペースが速かったので、とりあえず自分のペースは落とさずに頑張って走ろうと思って走りました。反省点はいっぱいあるんですけど」

 「路面が暖かくなってくると苦手な部分があって、逆にチームメイトの板倉さんは練習の時から暖かい路面で速かったので、その差だと思います」

 「明日は今日やってしまったことを反省し、二度と起こさないように、落ち着いて頑張ります」

レース1決勝5位 19号車・松田大輝(K-TACK MYST KK-SII)

 「上位陣と結構タイム差があるので、明日は2位からのスタートですけど、正直自信がありません。今日はスタートを失敗しちゃったんで、明日はしっかり決めて、自分のペースでできる限り頑張って、なるべく上位陣に食らいついて、表彰台で終われたらな、って思います」

 「明日は多分みんなニュータイヤだと思います。同じ条件で戦うので、自分はミスを少なくして自己ベストで頑張りたいと思います」

 「今日は最後の方で路気温が上がったせいか、タイヤがたれてしまいましたが、明日はニュータイヤなので、気にせずにバンバン攻めていきたいです。セーブしてたら勝てないと思いますから」

レース1決勝6位 97号車・益田富雄(KMTS ミストKKSⅡ)

 「前の人についていくのと、抜きたいのとで必死にはなっていました。1周目の3コーナーで7位に上がり、8周目に太田選手を抜いて6位に上がりました。狙いにはいってませんでしたが、抜けるんなら抜いて行こうと。一個でも順位を上げたかったので。6周目7周目からぴったり付いていけましたが、太田さんも速かったです。最後はちょっと無理やり入っていった感じでした」

 「明日は1周でも多くトップを走れるように頑張ります」

 「僕は去年の日本一決定戦から一回も乗っていないんですよ。ちょっと首にヘルニアが出ていたので。でも岡山は来たかったので、今回はリハビリがてら出ようかな、という気持ちでしたが、出るとやっぱり本気になってしまいますね。明日にニュータイヤを残しているので、明日は頑張ります」

表彰式

Text: Kazuhisa SUEHIRO
Photo: Motorsports Forum


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース