Archives

  • [—]2022 (756)
  • [+]2021 (678)
  • [+]2020 (461)
  • [+]2019 (579)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (248)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

SUPER FORMULA

第1戦富士予選会見 笹原右京「真っ先にピットに戻ってきたので、状況がわかっていませんでした」

第1戦ポールポジション 笹原右京(TEAM MUGEN)
「参戦が決まってから時間がない中で、チームの皆さんは徹夜の連続でした。鈴鹿テストでも問題点を出しながら、この予選までにうまく仕上げてくれました。僕自身はチームとコミニュケーションを取りながら準備を進めてきたので、本当にコツコツ積み上げた結果だなと思います。嬉しいです」

「今年の予選フォーマットに関しては、スーパーGTで経験した方式に近いですし、Q2へのアジャストは、Q1がB組だったことで比較的予想がしやすかったです。」

「真っ先に僕がピットに戻ってきたので、ギリギリまで状況がわかっていなかったんです。無線で『ポール取れたかも』と言われた時は喜びというより『ホントに?』ていう感じで、ちょっと拍子抜けしたような感じでした。その後でチームスタッフが喜んでいる姿を見て、喜びが込み上げてきました」

第1戦予選2位 佐藤蓮(TEAM GOH)
「前日の(フリー走行の)段階ではトップからは離れていましたが、チームの皆さんに原因を探っていただきました。アドバイザー陣の伊沢拓也さん、岡田秀樹さん、山本雅史監督にもアドバイスをもらってこの順位を獲得できたので、本当に感謝しています。」

「テストも含めてホームストレートが追い風というのは、今回が初めての経験でしたが、伊沢アドバイザーからの注意点で1コーナーのブレーキングについてアドバイスをいただいて、それがQ1でうまくいきました。Q2ではコンディション変化の差が大きく、タイムを伸ばしきれませんでした」

第1戦予選3位 平川亮(carenex TEAM IMPUL)
「テストではあまり順調に行っていなくて、試行錯誤を重ねながらシーズンオフのテストを進めてきました。なんとか昨日のフリー走行や今日の予選までにクルマを仕上げることができました。昨日も遅くまでミーティングをやって、しっかり準備を進めてきましたし、昨日起きたトラブルもしっかり解決して、今日は思いっきりいけたので、チームにも感謝しています。この会見にはレッドブルアスリートの3人が呼ばれましたが、僕が一番先輩なのに3番手だったのはちょっと悔しいので、レースでは一番前に行けるように頑張ります」
Text:Kazuhisa SUEHIRO


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース