Archives

  • [—]2022 (757)
  • [+]2021 (678)
  • [+]2020 (461)
  • [+]2019 (579)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (248)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

JAF F4選手権

第8戦岡山決勝上位3人のコメント 佐藤樹「この流れに乗って次も連勝できればと思う」

第8戦優勝 5号車・佐藤樹(MARUSAN★ミスト)

優勝した佐藤樹(MARUSAN★ミスト)

 「思ったよりペースがなかったんですけど、ないなりに安定して走れたかなあと。個人的にはもっといいタイムで回れるはずでした。コンディションも結構変わってきて、リヤもずるずるな感じでした。一発のタイムは出なかったんですけど、その中でもミスなく安定して走れました。後半はタイヤが厳しかったですね」

 「この流れに乗って次のレースも連勝できればなと思います」

第8戦決勝2位 40号車・宮下源都(Kデンタルオフィス・MYST)

決勝2位の宮下源都(Kデンタルオフィス・MYST)

 「スタートが決まれば前に出て、序盤トップに立って押さえようという作戦でしたが、何事もなくそのままの順位でした。序盤はついていけてたんですけど、シフトが入らない時とかが出てきて、それでタイムロスが大きくなってしまいました。それと前半勝負と決めてタイヤの内圧を高めにしていたのも響きました。終盤は厳しかったですね」

 「昨日とはコンディションが違うので、セッティングも変えていたし、合わせ込むのに苦労しました。もっともっとセッティングの詰めれるところがあると今回わかったので、そこを改善して次は優勝できるように頑張ります」

第8戦決勝3位 12号車・吉田宣弘(佐藤製作所KKZS★TOMEI)

決勝3位の吉田宣弘(佐藤製作所KKZS★TOMEI)

 「3位は狙っていた3位なので。1-2は届かないのはわかっていたので、3位狙いで、無事スタートも決まりました。後ろからプレッシャーはすごかったんですけど、なんとか耐え切りました」

 「前の二人はちょっと格が違いますよね。若さも違うし、現役バリバリで。僕は基本スーパーFJなんですが、最近はF4ばっかりですね。色々楽しませてもらってます。次戦は都合が合えば出たいですね」

表彰式

Text: Kazuhisa SUEHIRO
Photo: Motorsports Forum


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース