Archives

  • [—]2022 (611)
  • [+]2021 (678)
  • [+]2020 (461)
  • [+]2019 (579)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (248)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

FORMULA REGIONAL JAPANESE CHAMPIONSHIP

第3戦もてぎレース9決勝優勝コメント 小山美姫「チームに感謝です」畑亨志「後ろは見ないようにしました」

レース9優勝 小山美姫(TGR-DC F111/3)

 「スタートは3レースの中で一番良かったです。今回はユーズドタイヤでしたので、レース中はミスなく、平均して同じようなタイムを刻むことを意識しました。かなりタイヤも厳しかったですが、グリップのあったときと同じようなタイムで走れるように、ドライビングをアジャストしながら走りました」

 「この週末はクルマが良かったことに尽きます。クルマが仕上がっていないなかで頑張るのはしんどいですが、今回は自分の意のままに走ることができました。でも、自分の勝利というより、みんなの勝利という気持ちが強いです。ドライバーだけでこれだけタイム差はつかないので、チームに感謝です」

 「次の菅生では今回のように上手くいくとは限りませんので、そのときは自分の手で這い上がれるようにしたいと思います」

レース9マスタークラス優勝 畑 亨志(A-NeKT F111/3)

 「スタートは良くなかったですね。ニュータイヤのHIROBON選手は蹴り出しが良くて、すーっと行かれてしまいました」

 「HIROBON選手が突然の失速でいなくなってからは、あまり後ろは見ないようにして走りました。三浦選手がきていましたが、ペースを落とさないように気をつけていました。途中飛び出しそうになったりして、差が詰まったときもありましたが、大きなミスさえしなければ抜かれることはないと思っていました」

 「この週末は改めてスタートが大事だなと思いました。次の菅生はいろいろ起きると思いますが、抜くためのポイントになる最終セクターだけは自信を持っているので大丈夫だと思います」

まとめ: Shigeru KITAMICHI
Photo: Kazuhiro NOINE


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース