Archives

  • [—]2022 (611)
  • [+]2021 (678)
  • [+]2020 (461)
  • [+]2019 (579)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (248)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

FORMULA REGIONAL JAPANESE CHAMPIONSHIP

第3戦レース9決勝 小山美姫がまたもパーフェクトウィン、連勝記録を5に伸ばす

スーパーライセンスはオーバーオール小山美姫が、マスタークラスで畑亨志が優勝した

 7月3日、フォーミューラ・リージョナル・ジャパニーズ選手権第3戦レース9の決勝が、モビリティリゾートもてぎで行われ、ポールポジションスタートの小山美姫(TGR-DC F111/3)が独走優勝。小山はこの週末の3レースすべてをポールtoフィニッシュ+ファステストラップの完全勝利で飾り、連勝記録を5に伸ばした。

 マスタークラスは、3連続クラスPPスタートの畑亨志(A-NeKT F111/3)が3レース目にして優勝を遂げた。

 モビリティリゾートもてぎ上空は、やや雲があるものの午前中から猛暑だ。

16周の決勝がスタートした

 午前9時40分、1周のフォーメイションラップから16周のレースがスタート。

 注目は、ニュータイヤを履く2番グリッドの小川颯太(Bionic Jack Racing Scholarship FRJ)と、ユーズドタイヤのPP小山のスタート後の先陣争いだったが、昨日の連勝ですっかり自信を深めている小山が、好スタートからこの争いを制して1周目をトップで戻ってくる。

 こうなると2位以下の選手に小山を攻略する術はなく、「安定したタイムで揃えることを意識した」と、1分51秒台前半のタイムを刻みながら逃げる小山と、1分51秒台後半から52秒台前半をマークする後続との差は広がるばかり。

 結局スタートから、小山-小川-片山義章(Team LeMans F111/3)-大木一輝(PONOS Racing)のオーダーは変わることなく、16周のレースはフィニッシュを迎え、終わってみれば昨日のレースと同様に10秒以上のマージンを築いた小山の独壇場だった。

 マスタークラスは、ニュータイヤでスタートしたHIROBON(Rn-sportsF111/3)が、スタートで畑の前に出てレースを進めるが、4周目に失速。レインボーコーナー手前にクルマを停めリタイアとなってしまった。昨日からの電気系と思われるトラブルがまた出てしまったようだ。

 HIROBONの離脱で労せずしてトップに出た畑は、その後は52秒後半のタイムをマークしながら逃げ、後方に迫った三浦勝(F111/3)の追撃をかわして、今季クラス2勝目のチェッカーを受けた。

 これにより、マスタークラスは今回の3レースともにウィナーが異なるという結果になった。

 小山の速さ、強さが際立った週末だったが、次戦(7月23-24日開催)のSUGOは今回のもてぎとはかなりキャラクターが異なるコースだけに、小山が連勝記録を伸ばすことができるのか、注目される。

優勝は小山美姫(TGR-DC F111/3)

決勝2位は小川颯太(Bionic Jack Racing Scholarship FRJ)

決勝3位は片山義章(Team LeMans F111/3)

マスタークラス優勝は畑亨志(A-NeKT F111/3)

トップでゴールする小山美姫(TGR-DC F111/3)

表彰式

マスタークラスの表彰式

Text: Shigeru KITAMICHI
Photo: Kazuhiro NOINE


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース