Archives

  • [—]2021 (547)
  • [+]2020 (461)
  • [+]2019 (579)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (248)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

TCR JAPAN SATURDAY

TCRJ-SAT:第3戦SUGO決勝 松本武士が独走優勝 2位にHIROBONが、3位に加藤正将が入る

 TCRジャパンサタデーシリーズ第3戦は24日、スポーツランドSUGOのチャンピオンカップレースシリーズ第4戦で決勝を行い、ポールポジションからスタートした松本武士(バースレーシングプロジェクト【BRP】)が16周を走って優勝した。

 決勝レースは午後0時13分、快晴で蒸し暑い中、フォーメーションラップが始まった。

 ポールポジションの松本武士(バースレーシングプロジェクト【BRP】)がトップで1コーナーへ向かう一方、予選2位の篠原拓朗(Audi Team Hitotsuyama)はストールして後続に飲み込まれる。2位には予選3位からヒロボン(バースレーシングプロジェクト【BRP】)が上がり、3位に同5位の加藤正将(Audi Team Mars)、4位に同3位の三浦愛(DOME RACING)が続く。

 松本は序盤から後続を引き離しにかかり、独走態勢を築く。2位のヒロボンは単独走行となり、3位の加藤と4位の三浦は接近戦を演じる。

 5周目のヘアピンでは三浦がマシンを加藤のインにねじ込み、立ち上がりでパスし3位に浮上。加藤は4位に落ちた。

 レースは松本が16周を回って独走優勝。2位にはヒロボンがはいった。

 3位でゴールした三浦だったが、レース後の再車検で車両違反が見つかり失格。加藤が繰り上がって3位、4位には後方から追い上げが篠原が、5位には鈴木建自(バースレーシングプロジェクト【BRP】)、6位にはMototino(55MOTO RACING)が入った。

 サンデーシリーズ第1レースはこの後、午後4時30分より、23分+1周で行われる。

優勝は松本武士(バースレーシングプロジェクト【BRP】) 決勝2位はヒロボン(バースレーシングプロジェクト【BRP】) 決勝3位は加藤正将(Audi Team Mars) 決勝4位は篠原拓朗(Audi Team Hitotsuyama) 決勝5位は鈴木建自(バースレーシングプロジェクト【BRP】) 決勝6位はMototino(55MOTO RACING) 決勝7位はMototino(55MOTO RACING) 3位でゴールした三浦愛(DOME RACING)だったがレース後の再車検で失格 優勝した松本武士(バースレーシングプロジェクト【BRP】) 表彰式

Text: Yoshinori OHNISHI
Photo: Kazuhiro NOINE

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース