Archives

  • [—]2022 (1)
  • [+]2021 (678)
  • [+]2020 (461)
  • [+]2019 (579)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (248)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

SUPER GT

SGT:第7戦もてぎ公式練習 前戦優勝のARTA NSX-GTがトップタイム

2021オートバックス スーパーGT第7戦「もてぎGT300kmレース」の公式練習が11月6日、栃木県茂木町のツインリンクもてぎで行われ、GT500クラスは8号車ARTA NSX-GT(野尻智紀/福住仁嶺)、GT300クラスは9号車PACIFIC NAC CARGUY Ferrari(ケイ・コッツォリーノ/横溝直輝)がトップタイムを記録した。

スーパーGTの2021シーズンもいよいよ残り2戦を残すのみとなり、今大会ではサクセスウェイトがこれまでの半分に減らされることになる。これによりGT500クラスは、ドライバーズランキングトップの山本尚貴が乗る1号車STANLEY NSX-GT以外の14台が50kg未満となるため、燃料リストリクター制限の対象は1号車のみ。山本とチーム国光にとっては厳しい状況だ。

そうした中、公式練習は午前9時25分より混走95分間、専有走行各10分間で行われた。この日の天候は快晴。路面はドライだ。

序盤トップに立ったのは37号車KeePer TOM'S GR Supra(平川亮/サッシャ・フェネストラズ)。平川が計測4周目に1'37.536を記録した。2番手には8号車ARTA NSX-GT(野尻智紀/福住仁嶺)が続き、23号車MOTUL AUTECH GT-R(松田次生/ロニー・クインタレッリ)が3番手につける。

開始から23分が経過したところで大津弘樹(Modulo NSX-GT)が計測10周目に1'37.409を記録してトップに浮上する。

その後コース上では5分間のフルコースイエロー・キャリブレーションが実施されたが、それが解除されるとすぐに坪井翔(au TOM'S GR Supra)が1'37.499、ロニー・クインタレッリ(MOTUL AUTECH GT-R)が1'37.498を相次いで記録し、23号車が2番手、36号車が3番手に上がってきた。

しかし開始から49分が経過したところで前戦優勝の野尻智紀(ARTA NSX-GT)が1'37.110を記録してトップに。その後は各車ロングランに移行し、大きな順位変動が起きないまま混走は終了した。

専有走行では大湯都史樹(Red Bull MOTUL MUGEN NSX GT)が1'37.279までタイムを縮めて2番手に浮上するが、すぐにサッシャ・フェネストラズ(KeePer TOM'S GR Supra)が1'37.185でこれを上回る。

混走トップの8号車ARTA NSX-GT(野尻智紀/福住仁嶺)は福住が終了間際に1'36.715を叩き出し、そのままトップで走行を終えた。

ランキングトップの1号車STANLEY NSX-GT(山本尚貴/牧野任祐)は、山本が1'37.584までタイムを縮めたが10番手に終わった。

公式練習: GT500クラストップタイムはARTA NSX-GT(野尻智紀/福住仁嶺)

公式練習: GT500クラス2位はKeePer TOM\'S GR Supra(平川亮/サッシャ・フェネストラズ)

公式練習: GT500クラス3位はRed Bull MOTUL MUGEN NSX GT(笹原右京/大湯都史樹)

GT300クラスは混走序盤にケイ・コッツォリーノが1'45.962を叩き出した9号車PACIFIC NAC CARGUY Ferrari(ケイ・コッツォリーノ/横溝直輝)がそのままトップで走行を終了。2番手も小暮卓史が計測5周目に1'46.579を記録した88号車JLOCランボルギーニGT3(小暮卓史/元嶋佑弥)が続き、専有走行に入ってもこの順位は動かなかった。

しかし専有走行終盤に名取鉄平が2周連続のアタックを行なった18号車UPGARAGE NSX GT3(小林崇志/名取鉄平)が1'46.680で3番手に上がってきた。

一方、前戦優勝の31号車TOYOTA GR SPORT PRIUS PHV apr GT(嵯峨宏紀/中山友貴)はクラス26番手と苦しいスタートとなっている。

公式練習: GT300クラストップタイムはPACIFIC NAC CARGUY Ferrari(ケイ・コッツォリーノ/横溝直輝)

公式練習: GT300クラス2位はJLOCランボルギーニGT3(小暮卓史/元嶋佑弥)

公式練習: GT300クラス3位はUPGARAGE NSX GT3(小林崇志/名取鉄平)

Text: Kazuhisa SUEHIRO
Photo: Katsuhiko KOBAYASHI


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース